下っ腹のぽっこり・・・
何をやってもなかなか手ごわいこのお腹、
あなたは、どうされていますか?

頑固な下腹部には、ウォーキングや
ジョギングなどの有酸素運動を20分以上行ったあと、
さらに腹筋をくわえると引き締まりやすくなります。

ポイントは、下っ腹など気になる部分の筋肉を
必然的に使うような運動を取り入れること。

その部分の筋肉がぷるぷるしているのが
自覚できるくらいに使えていればいいですね。

腹筋の際、腰が弱い方などは
両膝を軽く立てて行うといいでしょう。
hukkin

また腹筋のときに、左右のひねり運動も
プラスした運動を続ければ、
くびれも期待できるかもしれません。

腹筋以外にも、ヨガのポーズやストレッチで
腹筋周辺を使うものもいいですね。

ウォーキングなどが無理なときは、
入浴後に行うといいと思います。

10分ほどでもよいので毎日続けることが大事です。

また、胃下垂でお腹が出てしまう方もいますが、
この場合は逆立ちが効果的なんですよ。

それから骨盤のゆがみが原因のぽっこりお腹なら、
骨盤ベルトなどを活用するのもいいですね。

こういうタイプの方はおしりも大きい場合が多く、
そちらにも効果があるかと思います。

さらに骨盤ベルトを付けて運動するのも
ぽっこりおなかの改善に効果的です。

でっぱったお腹を改善したかったり
ウエストを細くしたかったり
O脚を改善したかったり
お尻を小さくしてヒップアップしたい場合には
骨盤ウォーカーベルト(リセットプロポーションベルト)が
向いています。

実際にどんなことが可能なのか確認してみてください。
公式サイト→1分間でマイナス3cm?!骨盤ウォーカーベルト

詳しいレビューはこちらをどうぞ。
骨盤ウォーカーベルトで下半身ダイエット

それからお腹をゆっくりさする
リンパマッサージもおすすめです。

おへそを中心に、手のひらで時計回りにゆっくり回します。
便秘の改善にもなりますので、
お腹まわりのダイエットには効果があります。

基本的には、まず食べすぎはタブーですので、
十分気をつけてください。そして
普段から姿勢に気をつかうことも大切です。