タバコを吸いだしてから痩せたとか、
タバコを吸うと太らないとか、
タバコでダイエットに成功したという噂を
耳にしたことはありませんか?
また、逆に禁煙したら太ったと言う方もいます。

その真相はどうなのでしょうか?

タバコがダイエットに良いというのは
実際、間違った認識なのです。

タバコに含まれているニコチンやタールは、
空腹感を麻痺させる働きがあるのです。
また舌にある味蕾という味覚を感じるところの働きを鈍らせます

喫煙者は、食事前に吸うことが多いので、
空腹感が麻痺してしまい、その結果、
あまり食べないということになるのですね。
食欲減退作用というようなものではありません。

また確かに、ニコチンは、基礎代謝をアップさせ、
消費カロリーを増加させるという研究もあります。
タバコ1本吸うと、10キロカロリーの消費ができるようです。

しかし、そのような少しのメリットよりも、
今や世間ではタバコの健康被害の方が大きいのではないでしょうか。
タバコの健康被害は、皮膚の老化、口臭・体臭が強く出る
筋力低下、発ガン率の増加、運動能力の低下
内臓脂肪の増加などがあります。

ちなみに、禁煙すると太るといわれているのは何故でしょうか。

これに関しては、口さみしくなるために
間食や過食が増えるというのが
原因のほとんどですので、
きちんと食事の管理を行えば
体重が増加することはありません。

つまり、医学的見地からも
タバコを吸う方が悪影響ですので、
ダイエットに良いからタバコを吸うというのは
間違いだということになります。
kinen

★禁煙したいけれどなかなか
禁煙できないという方には
ハーブがメインでイライラを
防いで美肌にも良いビタミンCや
リコピンも含むニコストップを試してみてください。
禁煙サプリメントのニコストップのメリットとデメリット
禁煙に成功した方がいっぱいですよ。