妊娠線解消にノコア(NOCOR)アフタートリートメントクリームが効果的です。

妊婦さんの4割以上にできると言われている妊娠線は、一度できると完全に消すことはできないというのが通説です。

妊娠線は妊娠によって急激に体形が変わることに皮膚が追い付いていけず、真皮や皮下組織に亀裂が入ってしまってできる肉割れの一種です。

表皮は伸びることができるのですがその下の真皮や皮下組織の一部は伸びにくいので、引っ張られて亀裂が入ったり断裂したりしてしまいます。

また、妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロンが増え、これが肌のターンオーバーを抑制してしまうので、肌の生まれ変わりが遅くなってコラーゲン繊維や皮下脂肪の断裂が修復しないままとなってしまうのです。

妊娠の際、お腹が急激に大きくなったりバストが豊かになったりすることで妊娠線はできてしまうのですが、妊娠時でなくても急激に太った場合は妊娠線と同様の現象が皮下で起こり、肉割れになってしまいます。

妊娠線の予防策としては、急激に体重を増やさないように体重管理をすることと、保湿をしっかりとして皮膚に弾性を持たせることがポイントとなります。

保湿をこまめにすることで、かなり妊娠線予防につながりますよ。

また、妊娠線はお腹だけでなくバストや太ももの外側、お尻などにもできやすいので、ここも保湿をしておきます。

妊娠線が出始めるころは、その部分にかさつきやかゆみを感じることがありますので、そのような兆候を感じた時はとくにその場所は念入りに保湿ケアしてあげましょう。

皮下脂肪の厚い人、小柄な人、多胎妊娠の人、経産婦は妊娠線が出来やすい傾向にあるので、妊娠線予防ケアをしておくことをおすすめします。

予防ケアはかなり有効ですが、妊娠線を完全に防ぎきることはできません。

予防ケアをしていてもできてしまった妊娠線はどうすればよいのでしょうか。

妊娠線は時間がたつとともに目立たなくなっていきますが、できれば早く薄くしたいし消したいものです。

そのような時には、ノコア(NOCOR)のアフタートリートメントクリームです。

出来てしまった妊娠線を消すと口コミでも人気です。
体験レビュー→ 妊娠線を消すノコア(NOCOR)アフタートリートメントクリーム

ノコアには、ペプチド、葉酸、アラントイン、プラセンタ、ビルベリーエキス、ネロリなどがたっぷり配合されていますので、表皮や真皮のコラーゲン生成をサポートしてくれます。

また、ファンコスC-ISという高機能美容成分も配合されていて、一般的なビタミンC誘導体の200倍以上の効果を期待できます。

ファンコスC-ISは肌のターンオーバーのサポートや美白の働きかけをしてくれます。

他にもうるおい成分やたるみやハリに良い成分なども含まれているので、できてしまった妊娠線や肉割れやセルライトなどのボディケアにはぴったりなのです。
公式サイト↓