部分痩せダイエットには意外なコツがありますよ。

以前は「体重を落とす=ダイエット」と考える人が多くいましたが、現代は違ってきています。

たとえ目標体重まで減量できたとしても、女性らしいメリハリのあるボディラインが手に入れられなければダイエット成功とは言えない、というところまで目標が高くなっているのです。

たしかに、お尻や太ももを引き締めて細くしたいのにバストが小さくなっただけ、なんてことでは悲しすぎますよね。

できることなら二の腕だけ、太ももだけ、お腹周りだけ細くしたいと部分痩せを願うのが今の主流なのです。

この、ダイエッターの課題である部分痩せは、痩せたい部分だけの厳しいトレーニングなどが必要そうで、なかなか難題のようなイメージがあります。

しかし、意外と忘れがちな簡単なコツがあったのです。

それは「食生活の見直し」と「体を冷やさない」ということです。

最近の食事は多様化していて、日頃から無意識のうちに欧米食を口にしていますが、この欧米化された食生活には部分痩せを阻む要素がたくさん含まれています。

欧米食の問題は、「脂質」や「炭水化物」を多いのに対して、「タンパク質」が圧倒的に少ないということです。

タンパク質は筋肉をつけるのに欠かせないもので、体を作るのに必要不可欠です。

部分痩せには、まずは鶏肉、魚、卵、赤身肉、大豆製品など良質なタンパク質をしっかり摂るように心がけましょう。

牛肉や豚肉は、脂肪分を取り除いて食べる習慣にすると、カロリーも落とせてタンパク質の補給になります。

和食中心で、ファストフードやインスタント食品は控えるようにすることも大切です。

ただし、炭水化物を目の敵にして一切摂らないというのは極端すぎてよくありません。

脳の働きに必要なものなので、少なめを心がけて食事に取り入れるようにしましょう。

そして、ホウレンソウなどの緑黄色野菜、キウイ・バナナ・スイカなどの果物、海草類、大豆製品、長ねぎ、玉ねぎなどはむくみを解消して血流を促し、脂肪を燃えやすくしてくれますので、積極的に取り入れるようにするとよいですよ。

トウガラシやショウガ、シナモンなども少量を料理に取り入れるのも効果的です。

そして、水分は冷やしたものではなく常温のものを飲むようにするなどして体を冷やさないようにします。

筋肉や体をつくる食事、血行やリンパの流れを改善する食事を心がけ、気になる部分のストレッチも行うようにすると部分痩せも夢ではありません。

さらに無理のない程度のウォーキングなど有酸素運動も行えば、脂肪燃焼率もアップします。

しかし、忙しくてなかなか食事の管理もままならないという人もいると思います。

そんな人は、優光泉酵素ドリンクにサポートしてもらうのも手です。
体験レビュー→完全無添加の優光泉酵素ドリンクの口コミと体験

優光泉はビタミン、ミネラル、アミノ酸などが豊富で、栄養バランスが整いますし、代謝アップにもつながり痩せやすくなります。
九州産野菜にこだわった完全無添加の酵素「優光泉」

◆そして部分痩せダイエットには、EMSマシンのボニックプロを使うのも効果的です。
ボニックプロのメリットとデメリットの解決策