秋冬に太りやすい!食べても太りにくくなるコツを教えて!

暑かった夏から周りの空気も一変して、いよいよ秋が近づいて来ました。

秋から冬にかけては新米を始めとしてサンマや果物といった多くの食べ物がおいしい季節です。

「あれも食べたい、これも食べたい!!」という方も多いのではないのでしょうか?

しかし、秋から冬にかけては食べ物がおいしい季節であると同時に、体に脂肪を蓄えやすい季節でもあります。

なぜ寒くなると体に脂肪が蓄えられるのか、寒い季節を太らずに上手く乗り切るコツについて考えてみましょう。

万年ダイエッターのあなた、必見ですよ!!

<寒くなるとどうして脂肪を蓄えやすくなるのか>

寒くなるとどうして脂肪を蓄えやすくなるのか、その答えは私たち人間の動物としての本能にあります。

秋冬になると脂肪を蓄えてしまう原因として、寒さ厳しい季節を乗り切るためのプログラムが私たちの体に仕組まれていることが挙げられます。

クマやリスといった動物たちは冬眠するためにあらかじめ大量の食事を取って冬眠に臨むことが知られていますが、冬眠をしない私たち人間の体にも同じようなプログラムが仕組まれているのです。

寒さ厳しい季節を乗り切るための知恵として、私たちの体には動物としてのプログラムが組み込まれているのですが、冬の間絶食する動物達と違って人間は冬眠をしません。

そのため人間は冬の間脂肪を蓄えるだけで、蓄えた脂肪を消費することがなくなってしまったのです。

<秋から冬に太りにくくなる方法>

ここまでは寒い季節に脂肪を蓄えやすくなる理由について考えてきました。

ではこの寒さ厳しくなる季節をどのように太りにくく乗り切ることができるのでしょうか?

私自身は以下の2点に注目しました。

・なるべく体を動かす

・食事は野菜から先に摂取する

まず「なるべく体を動かす」についてお話します。

実は寒さ厳しい季節は脂肪を蓄えやすい季節でもあるように、蓄えた脂肪を消費することができる季節でもあります。

なぜかというと基礎代謝が他の季節よりも高いからです。

夏のような暑い季節は外気温が体温と近いためエネルギーを必要としないのですが、冬のような寒さ厳しい季節の場合、冷え込むことによって体温を上げるためにたくさんのエネルギーを必要とします。

その結果夏よりも冬の方が脂肪を燃焼しやすくなります。

そこで体を動かすことによって、よりたくさんのエネルギーを消費することでたくさん食べても太りづらくなります。

そして「食事は野菜から先に摂取する」ことについて、これは糖の吸収を緩やかにするためです。

脳のエネルギー源として重要な糖ですが、取り過ぎでは体に蓄えられる一方です。

そこで食事の際に先に野菜から摂取することによって、糖の吸収を緩やかにしてくれるのです。

<まとめ>

いかがでしたか?秋冬を制するダイエッターが成功するダイエッターです。

あなたも、たくさんおいしいものを食べて楽しく元気に乗り切りましょう!!

◆運動しても野菜から食べても、なかなか痩せないと思ったら、スルスルこうそを飲んでみてください。

消化酵素も含みますから、消化しやすくなって代謝アップになり太りにくくなるからです。

スルスル酵素の全成分とメリット

u