青の花茶の全成分や材料!どれが良いの?

世の中にはダイエットに効果があると言われているお茶がたくさんあります。

その中の代表的なお茶がプーアール茶ですが、プーアール茶ってかなり癖があると思いませんか?

私も一時期ダイエットに効果があると言うことで取り入れていたことがありますが、あまりに癖があるので飲み続けることができませんでした。

気にならないと言う人もいますが、香りに敏感な方や、癖のあるお茶が苦手な方にとってプーアール茶は有効だとは言えません。

そこで、癖がなく飲みやすいダイエット茶はないかと調べていた時にたどり着いたのが、「青の花茶」です。

青の花茶は、バタフライピーを主成分として作られたダイエット茶になっており、バタフライピーはタイで非常に人気を集めているマメ科の植物です。

非常に鮮やかな青色をしていることから、一度見たらなかなか忘れることができないほど印象的なのが特徴的です。

では、青の花茶に配合されている材料と全成分についてお話ししていきたいと思います。

青の花茶には、バタフライピーだけではなく、甜茶、アマチャヅル、ラフマ、メグスリノキが配合されています。

甜茶は、花粉症などの鼻炎の緩和に使われることも多い素材ですが、お砂糖の75倍から100倍もの甘さがあり、しかもその甘味成分は体には蓄えられない特性があります。
そのような理由から、甘いものがなかなか止められない女性にもオススメできる素材です。

アマチャヅルはカテキンと同様の健康効果を持つサポニンを高麗人参よりも多い70種類以上も含んでいます。
巡りを良くすることにより基礎代謝を向上させ、脂肪を燃焼しやすい体質へと導いてくれるので、ダイエットの力強い味方です。

ラフマは、リラックスに有効な成分が豊富に含まれている植物で、ダイエット中のストレスを緩和するのに役立ちます。
さらにリラックス成分だけではなくポリフェノールの1種フラボノイドも豊富に含まれていることで知られています。

最後にメグスリノキですが、メグスリノキは日本にだけ自生している珍しい植物だと言うことをあなたはご存知でしたか?
様々な健康成分を含有していることが確認されているので、サプリメントなどにも活用されています。

これだけ健康、美容、ダイエットに効果的な成分を同時に配合しているダイエット茶はなかなかないため、実際に青の花茶を取り入れている方の口コミを見てみると、実感力が高いのが特徴的だということがわかります。

続いて、青の花茶の全成分です。

「甜茶、蝶豆、アマチャヅル、ラフマ、メグスリノキ」

私たちの体に害を及ぼす添加物が一切配合されていないため、保護者の監督のもとであれば子供でも飲むことができます。

基本的には副作用などの報告もなく、誰でも取り入れることができますが、配合されている材料にアレルギーがある場合には利用を控えた方が良いですね。

特に食品アレルギーをお持ちでない方は、健康、美容、ダイエットにぜひ取り入れてみてください!

詳しくはお得なキャンペーン中の公式サイト情報もある口コミ記事をどうぞ。
青の花茶の口コミ評価!バタフライピー(アンチャン)でダイエットできる噂は本当?
青の花茶

rs