1日30秒で美脚!大仏さまポーズ

1日30秒で美脚になれるなんて試したくなりませんか。
実は日本人は美脚になりにくい人種と言われています。

日本人は日常生活の中で、前のめりの姿勢になることが多く、この前のめりの姿勢は太ももの前側にある筋肉を使うので太ももが太くなりやすくなってしまいます。

そこで「寝ている大仏ポーズ」を紹介します。
これを1日30秒行うことで美脚を目指せるのです!

1:横になり床面の足の内ももを意識しましょう。
背筋をしっかりと伸ばし、猫背姿勢にならないように気を付けてください。

2:そのまま伸ばした足の内ももを意識しながら20度程度天井面へ向けて上げ続けます。
足先は遠く長く、長い脚をイメージしながら30秒上げます。

これを左右行うことで、内ももの筋力強化となり、外側の硬く緊張した筋肉が少しずつほぐれていきます。
1日30秒を1カ月続けてみてください。
個人差はあると思いますが、努力した結果が現れてくるでしょう。

日本人は、ハムストリングスと呼ばれる股関節まわりのもも裏と内もものない転筋群が弱いと言われており、内転筋群は骨盤を支える筋肉にもつながっているので、ここを鍛えることが美脚へつながる道となるのです。

1日30秒という短時間なので、毎日続けて、美脚を目指しましょう。

◆もっと本格的に美脚を目指すなら、マッサージオイル付きのDVDの天使の美脚塾をどうぞ。
天使の美脚塾DVDのポーズで脚やせできた体験

自宅で簡単に家事の合間にエクササイズできるように
工夫されているのが継続しやすいです。
私も見ながら実践中ですが、脚が細くなってきましたよ。
リンパマッサージのコツもわかります。
公式サイト→【脚やせ】天使の美脚塾【DVD-BOX】