ダイエットしたら目の下がたるむ!どうしたら良い?

年齢を重ねてもいつまでも若々しく、美しくいるためにはしっかりとしたスキンケアと体型維持は欠かせません。

若い頃は新陳代謝も良く、食べ過ぎてしまってもすぐに体重を戻すことができましたが、年齢を重ねてしまうと基礎代謝が低下してしまうため、一度増えてしまった体重を落とすのはとても難しいと言われています。

私は20年以上もダイエットを繰り返しながら暮らしていますが、ダイエットにはいくつかのコツがあることが少しずつわかってきました。

若い頃のダイエットは、体重を落とすことに執着し、食べない飲まないを徹底することで短期間で痩せることができましたが、これを年齢を重ねてから実践すると、体重を落とすことができても「たるみ」を発生させてしまうことがわかりました。

特にたるみが現れやすいのは顔です。

脂肪で保たれていた肌の弾力が低下してしまい、皮膚の薄い目元などはたるみが目立つようになります。

さらにもともと目が大きい方や、涙袋がぷっくりしている方は要注意です。

せっかくダイエットに成功しても、たるみが目立つようでは決して美しいとは言えないため、これではいつまでも若々しく美しくいるのが難しくなってしまいます。

では、ダイエット=たるみを改善するには一体どうすれば良いのでしょうか。

まずはダイエット法を見直してください。

食事を1日一食にする。
サラダばかり食べる。

このような食べないダイエットはたるみを引き起こす原因となってしまうためお勧めできません。

ダイエットしているときは野菜を中心に食べるイメージが強い方も多いと思いますが、実はダイエットしているときには高タンパク低脂肪の食材を取り入れるのがオススメです。

高タンパク低脂肪として一般的に知られているのが鶏のささみ肉です。

鶏のささみ肉は、ダイエットに最適な食材だとも言われており、筋肉を作り出すタンパク質がしっかりと摂取できるのにかかわらず、カロリーが非常に低いことからダイエットにも最適です。
他にも牛肉の赤身や、大豆類を使った植物性タンパク質などもオススメです。

また、生野菜でしか摂取できない酵素は、サプリメントで効率よく補給することが可能です。

栄養を減らして体重を落とすダイエットではなく、余分なカロリーを取り除きながら体に必要なものはしっかりと摂取するダイエットを心がけることで、体を引き締めながら痩せることが可能です。

タンパク質をしっかりと摂取してダイエットを行うとたるみを発生しにくくなります。

続いて、既に目の下のたるみが悪化している場合の対処法ですが、アイクリームをしっかりと活用するように心がけてください。

アイクリームにも種類があり、保湿に重点を置いているものや、引き締めに重点を置いているものなど、目元の状態により自分に合った成分が配合されたものを取り入れるのがオススメです。

たるみが気になる場合には引き締め成分がしっかりと配合されているアイクリームを選ぶことにより、たるみを徐々に緩和することが可能です。

目の下のたるみには美容整形が手っ取り早いと思っている方もいますが、今の時代わざわざ美容整形と言うリスクを背負わなくても、アイクリームで大幅に改善することができます。

・ダイエット法を見直す
・目元のたるみに最適なアイクリームを取り入れる

この2点がダイエットにより発生しやすい目の下のたるみを改善する大きな鍵を握っているので、ぜひ参考にしてください。

◆目元のたるみケアにぴったりなアイクリームは、いろいろありますが、口コミ評価も高いのがヒアロディープパッチです。
ヒアロディープパッチの口コミ!目周り小じわ対策がすごいって本当?
目元専用の成分が豊富で、ハリアップや目の周りの悩み対策にぴったりと人気です。

us