ダイエット停滞期!あと3㎏痩せるためにすべきことは?

ダイエット経験者はたくさんいると思います。

私も常にダイエット中です。

そんな私も昔、運動や食事制限など、本格的に取り組んだこともありました。

体重って不思議なもので、1キロ、2キロ・・・と頑張れば頑張るだけ数字にきちんと表れていたかと思うと、ピタッと結果が出なくなることがあるのですよね。

どんなに頑張っても体重が減らないと、諦めてしまいたくなりませんか。

我慢していた大好きなものを食べてしまったりしたくなりますよね。

でも、つい食べてしまって自己嫌悪なんてこともあったりして、その繰り返しです。

あと3㎏落としたいのに、その3㎏が難しいという「停滞期」を、どう乗り越えたら良いのかコツをお話させてもらいますね。

ダイエット開始の時点では、変化が見えやすいものです。

でも、ある程度進むと、変化が見えなくなってくる時期があります。

それが「停滞期」ですね。

でも生活を変えて過ごして、それまで最初は好調に進んでいたのですから、その生活はダイエットに対して正しいということですし、目に見えた変化はなくても、体の中では変化しているので、目に見えることだけで判断せず、ストレスをためずに気長に取り組むことが大切です。

さて、痩せない原因は何だと思いますか?

多くの場合、骨盤や骨格の歪みによるバランスの悪さからの基礎代謝の悪さです。

ダイエットと言うと、食事制限や運動を思い浮かべると思いますが、土台となる骨盤や骨格が歪んでいる状態で運動したり食事制限をしたり、サプリを摂っても十分な効果は得られないと思ってください。

では、どうしたら良いのでしょう。

まず土台を整えることから始めましょう。

骨盤バランスや骨格の歪みを整えることがスタートです。

整骨院やカイロプラクティックなど骨格を整えてくれる専門家に相談すると良いですよ。

そうすることで、基礎代謝が上がってくるので、そこから次の段階へと進みましょう。

時間の都合などで専門家に相談できない場合は、骨盤バランスを整えるストレッチから始めるのも良いですよ。

例えば、椅子に座り、片方の足首を反対側の太ももの上に置き、そのまま背中を曲げずに前に倒すという方法です。

お尻あたりが伸びるのがわかると思います。

次は、有酸素運動です。

ただただ体重を落とすことを考えるのではなく、内臓脂肪と皮下脂肪を落とすことを目標にしましょう。

運動をして筋肉がつくと、体重は重くなるので、体重計の数字だけを見るのではなく、全体的なバランスを考えることも大切です。

まず内臓の脂肪を落として筋力をつけると数字に表れてきるので、今までにたまった脂肪を燃やすために有酸素運動がオススメです。

毎日30分以上のウォーキングをすると良いですが、できない日は室内で踏み台昇降も効果的です。

3つ目は、簡単なストレッチと筋トレをしましょう。

有酸素運動を取り入れて脂肪燃焼が始まったり、次は習慣的にストレッチと筋トレをしましょう。

まずは、四頭筋と言われる太ももの前側をストレッチします。

方法ですが、立った状態で片方の膝を曲げて、後ろ側で足首を持ちます。

このとき、足首を持てない人は、足首にタオルなどをひっかけてタオルを引っ張るようにしてストレッチしても良いですよ。

少し柔軟性がある人は、仰向けの体勢で片方の膝を曲げ足首をお尻のところまで持ってくると、しっかりストレッチができます。

筋トレは、仰向けに寝て両ひざを立て、ゆっくりおろしながら上に持ち上げて、膝から首までが一直線になるくらいのところでキープすると、お腹もお尻も筋力がつきますよ。

筋力をつけると基礎代謝が上がりますし、体の中心の腹筋を鍛えると基礎代謝が上がっていきます。

4つ目は、栄養を摂ることです。

ダイエットと言うと、辛い食事制限がつきものというイメージが強いですが、色々制限をするとストレスになりますし、辛くなります。

健康的に継続するために無理なく続ける方法で取り組むことが大切です。

炭水化物や甘味料は確かにダイエットの天敵ですが、絶対禁止にするのではなく、何事もバランス良く食べることを心掛けしましょう。

もちろん、お肉も必要ですよ。

ただし目安として、お肉1食べたら、その3倍の野菜を食べるようにすると良いです。

5つ目は、食べ方を工夫することです。

同じものを食べるとしても、食事の最初に食物繊維が豊富なものをたっぷり食べると、食後の満足感が長く続くと言われています。

また甘いものをどうしても食べたくなった時は、ショートケーキよりシュークリームというように、カロリーが低い物を選ぶと良いですね。

シュークリームを次の時は果物に変えたり、少しずつ食べるものを変えていくと、辛くなく継続していけると思います。

6つ目は、裸で全身鏡の前に立ってみましょう。

毎日、裸で全身鏡の前に立ち、自分を責めるのではなく、現実を見て、自分がどうなりたいのかイメージをしましょう。

また鏡を見ると、少しの変化にも気づけるようになります。

停滞期で体重は減らなくなっても、体の見た目は変化しているかもしれないので、毎日鏡を裸で見ることで、小さな変化に気づくと、挫折も減るかなと思います。

停滞期は、自分を責めるのではなく、少しの変化を見つけて励ましてあげることが大切です。

骨格を整え、代謝をよくし、ストレッチや筋トレをして良い筋肉をつけて美ボディを目指しましょう。

それでも停滞期から抜け出せずに基礎代謝もアップしないと悩む時は、「優光泉酵素ドリンク」をお勧めします。

酵素ドリンクは他にも数多くありますが、優光泉は、カロリーも低くマクロビ理論でできているので、本格的にダイエットが可能です。

冷え性の改善や腸内改善で代謝もアップして太りにくくなります。

食事前やおやつの時など空腹時に水や炭酸水に溶かして飲むと効果的です。

焦らずじっくり取り組むことがダイエットには大切です。

健康的に無理なく取り組んでください。

u