ファティスタ(旧ファティーボ)は飲み続けていい?太りすぎたりしない?やめ時も教えて!

「今日はもう帰っていいよ」

職場で何度そう言われたことか。

体型がげっそりと痩せている所為で、私自信は元気いっぱいなのに、周囲からはいらぬ気遣いを受けることが多いです。

有給というわけには行かないのでいつも断っているのですが、やせ我慢していると思われます。

周囲としては、本当に何かあった時に面倒を見るのが大変だからなのでしょう。

「無理されても仕事が遅れたら私らの連帯責任じゃん」

「あれで元気とか、信じろって方が難しいよね」

と、同僚の何人かがこっそり話しているのを聞いてしまったことも。

もちろん直属の上司など、本当に心配してくれる方もいますが、悪く思われてしまうとやはり居た堪れないです。

実は私の職場では、以前本当に病気で倒れてしまった方がいます。

その方はいつも元気な様子を見せていたので、私も含めてその瞬間まで病気だったことに気づきませんでした。

ご本人も無理をしていたつもりはなく、大丈夫だと思って出勤したぐらい。

しかし当日は救急車を呼んだり、ご家族の方に連絡を入れたりとてんてこ舞い。

仕事も遅れてしまったので、余計に過敏になっているんだと思います。

でも私は特に持病も抱えておらず、健康そのもの。

ただ体重が増えないだけなんです。

どうにかして増やしたいと思っているのですが、ご飯を何杯食べても、おやつばかりの生活でも変わりません。

1度病気になりかけてしまい、本末転倒だと止めてからは、上手い方法を見つけられないでいました。

そんな中、サプリで太れるという話を学生時代の友人から聞きました。

ファティスタ(旧ファティーボ)(fertivo)」という名前で、私と同じくガリガリ体型の人が太れたんだそう。

しかもただ太るのではなく、女性らしい太り方だと言います。

もし過剰な心配や陰口が減るのならと、ファティスタ(旧ファティーボ)を試してみることにしました。

酵素サプリの「ファティスタ(旧ファティーボ)」

ファティスタ(旧ファティーボ)は酵素の力によって太ることができるサプリ。

酵素というと、健康の中でもダイエットイメージが強いですが、ファティスタ(旧ファティーボ)に含まれているのは痩せ菌ブロック酵素

名前の通り、痩せ菌の効果を作用させないようにするための酵素です。

痩せ菌というのはお腹の中にある菌の1種で、これが多い人ほど痩せやすいことからその名がつきました。

反対にでぶ菌と呼ばれる、太りやすい人に多い菌もあるそうです。

現代人は肥満の方が多いと言われるからか、健康系の製品は痩せ菌を増やしてでぶ菌を減らす製品がほとんど。

その逆を行ってくれるのは、私たちのようなタイプにとっては有難いです。

口コミでも人気です。
ファティスタ(旧ファティーボ)の口コミ評価!太って美ボディになれるって本当?

腸内ケアは痩せ過ぎにも効果アリ

ファティスタ(旧ファティーボ)には乾燥させた生姜と、ビフィズス菌、オリゴ糖、乳酸菌も入っています。

こちらもやはりダイエットのための成分という感じがしますが、太るためにも欠かせないんだそう。

生姜は体を温める効果によって、酵素を体に浸透させる役目がありますし、ビフィズス菌などの善玉菌は腸の環境を向上させます。

酵素も吸収されるのは腸なようで、悪い菌ばかりがいるといくらサプリでも満足に摂取できなくなってしまいます。

確かに、せっかくサプリを買ったのに、自分の体の所為で効果が無かったとしたらショックですよね。

普段の生活でも乳酸菌飲料など、腸内環境を整える食材は優先しようと思いました。

栄養バランスも補える

ファティスタ(旧ファティーボ)にはスーパーフードのスピルリナを始め、108種類の植物から作られた酵素も配合。

普段の食事で太りやすいものを重視しても、ビタミンやミネラルがきちんと補えるのも魅力です。

炭水化物や油物ばかりだと不健康に太ると言いますが、ガリガリ体型の悩みは野菜を増やすとあっという間にやせ細ってしまうこと。

サプリのように栄養素が濃縮されていないため、栄養付与よりも太らない効果だけが得られてしまい、焼け石に水なんです。

しかしファティスタ(旧ファティーボ)で普段得られない種類、量の栄養を得られれば、健康的に太れるのも頷けます。

亜鉛とシトルリンで吸収サポート

さらに濃縮された成分を体に届けやすくするため、亜鉛とシトルリンも配合。

亜鉛は牡蠣などに含まれるミネラルで、タンパク質の合成を助けます。

太るというよりも成長のための栄養で、大人よりも子供に摂取が求められるほど。

また免疫効果もあるので、健康も維持しやすそうです。

一方シトルリンはアミノ酸の1種で、身近なところではスイカなどに含まれます。

むくみケアや筋肉強化の効果があるため、ダイエット成分としても知られていますが、これらは健康的に太るためにも欠かせません。

脂肪でなく水分や老廃物が溜まってしまうのがむくみですし、脂肪がついても筋肉が弱く、たるんでしまったら醜いですから。

二日酔いや冷えなどの対策ができるのも魅力。

げっそり感にさよならできるマカ

加えてマカが入っているのもポイントです。

マカは元気アップの効果があることで知られており、病的な痩せ方のケアに繋がります。

太るのには時間がかかるでしょうから、その間に少しでも健康に見える(本当に健康なんですけどね)ようにしたいところ。

亜鉛やシトルリンも含め、男性の精力増強イメージの強い成分ですが、健康のためには女性でも優先してとっておいたほうが良いのかもしれませんよ。

どのコースで始めるべき?

ファティスタ(旧ファティーボ)は1回きりの注文と、3種類の定期コースが存在します。

都度購入と定期の違いは、定期ならば割引や特典がプラスされることですね。

定期は続ける期間によって分かれていて、1つ目が最低9ヶ月続ける完全ふっくらコース。

価格は定価の半額で購入できますから、実質4.5ヶ月分の費用で事足ります。

2つ目は6ヶ月続ける徹底ふっくらコースで、定価の3割引で購入できます。

3つ目は最も短い、3ヶ月の集中ふっくらコース。

1割引と定価との差は少ないですが、効果が不安な方にはおすすめです。

定期コースの特典には、太るための7つのポイントを記したノウハウの冊子と、ポイントを実行するためのシートが付いてきます。

データ配信なので印刷して使うか、スマホなどから見る使い方ができますね。

いつまでファティスタ(旧ファティーボ)を飲み続けるか?

コースを選ぶにあたって1つ問題が。

太ることが目的と言っても、私はもちろん、多くの方は肥満体になりたいとは思っていないはず。

それぞれに目標体重や体型というゴールが存在します。

求める結果が異なれば、そこに至るまでの期間も当然個人差があります。

加えて1度太れば2度と痩せないとは断言できません。

ダイエットにもリバウンドがあるように、太りたいと思う私たちが1度太れたとしても、またすぐに戻ってしまう可能性があるんです。

ファティスタ(旧ファティーボ)の成果として言うならば、痩せ菌の量が減った状態を体が普通だと認識して、初めて私たちの目的は達成されるんです。

ですが逆リバウンドとも言うべき状態を回避できる期間に目安はありません。

自分でタイミングを見つけていくしかないんです。

どのコースを選んだとしても、辞めた後に戻ってしまったらと思うと不安が残ります。

先輩たちはまず9ヶ月

ところが、様子見という意味では、約9ヶ月がおすすめみたい。

なぜかと言うと、ファティスタ(旧ファティーボ)の愛用者さんの多くは9ヶ月の完全ふっくらコースを選んでいるからです。

2週目以降続ける方もいるでしょうが、この点から多くの方が9ヶ月かけて体重を増やし、かつ安定させたと見ることができます。

もちろん3ヶ月や6ヶ月のコースでも、解約しなければ続けることが可能です。

しかしそれで結果として9ヶ月続けるなら、最初から9ヶ月継続コースで頼んだ方がコストパフォーマンスもお得というメリットもあります。

先輩利用者さんたちはこの点も理解しているからこそ、9ヶ月続けているのでしょう。

クチコミなどを見ると、体重の増加自体は早ければ1ヶ月ほどで効果が出ている方が多いです。

普通に考えれば、都度購入1回でも成果が出ていると思えますよね?

それなのに長期プランを選ぶ方が多いのは、成功状態を体にしっかり覚えさせるためと考えてもおかしくありません。

もちろんいきなり9ヶ月で効果が不安な方は短いプランから始めても良いですし、体が馴染んだと思えば解約可能時期が来た時点でやめても良いと思います。

ただ痩せないことを定着させるためには、それなりの時間が必要だと理解しましょう。

9ヶ月も飲み続けて太りすぎないか?

しかしそうなると見極めのためとは言え、飲みすぎで余計に太らないかという懸念もあるでしょう。

私も申し込む際にふと気になったのですが、これはファティスタ(旧ファティーボ)の成分で解決することができました。

ファティスタ(旧ファティーボ)は太りやすい環境を整える成分が占めている割に、炭水化物や脂質など太るための成分はあまり入っていません。

スピルリナや酵素、発酵エキスとして含まれる植物の中にある分ぐらいではないでしょうか?

栄養バランスや燃焼効果など、痩せ菌ブロック酵素がなければ一般的な健康食品にも思えますし、ともするとダイエット向けとも見間違いそうな構成なんですよね。

要するに、ファティスタ(旧ファティーボ)だけでは簡単に太ることができません。

ファティスタ(旧ファティーボ)で環境を整えた上で、炭水化物などを沢山得て脂肪を体に定着させるのがポイントなのですから。

また、既に経験済みの方も多いでしょうが、炭水化物や脂質だけをたくさん得ても、健康的には太れません。

つい食べ過ぎちゃったと思った時は、ファティスタ(旧ファティーボ)を飲まずに自然に任せましょう。

その月に飲む分が余ったとしても、周期を延ばしてもらえば無駄になりません。

もしファティスタ(旧ファティーボ)を使わなくても体重の減りが緩やかであり、かつ目標体重を超えているようなら、それこそがやめ時のサインと言えます。

判断がつきかねる場合は個別相談を利用し、辞める前にスタッフの方に尋ねてみるのも良いですよ。

9ヶ月コースで始めてみた

以上のことから、ファティスタ(旧ファティーボ)の効果を信じ、私は最初から完全ふっくらコースで始めました

支払請求は1月単位なので、いきなり高額の出費になることもありません。

1日6粒とサプリとしては多めですが、味もないため簡単に飲めてしまいます。

強いて言えば、うっすらと生姜の苦いような辛いような感じするぐらいでしょうか?

サプリなのでずっと舐め続ける人はいないと思いますが、僅かでも苦手という方は、たっぷりの水ですぐ飲み込んでしまいましょう。

吸収率が高まったのか普段の食事、もちろん炭水化物などは多めですが、それだけで1ヶ月目にしてプラス2kgを記録しています。

定期コースはいずれも30日以内の返金保証があるのですが、1ヶ月目で太ることすらなかったら、自分には合わないとして申請するのもありかと思いますよ。

その後も順調に増え続け、4ヶ月目ぐらいでプラス5kg。

この頃から手足や胸、腰などがふっくらして、肌ももちもちした感触に。

7ヶ月目に入ったぐらいでプラス6kg

ここら辺で、そろそろいいかなと思うようになりました。

ファティスタ(旧ファティーボ)の摂取を毎日ではなくし、メーカーへ周期変更の相談をして、様子を見つつ行うようになりましたね。

少し延長したので実際は10ヶ月ほど経過していましたが、体重も安定し、体型も満足いく柔らかさを得られたため、2週目に突入することなく解約しました。

現在、解約してからしばらく経っていますが、健康に気を使った食事をしていることもあってか、以前のようにガリガリになってしまうことは避けられています。

辞めた後の生活をどうするかでも、継続期間は分かれるかもしれませんね。

ファティスタ(旧ファティーボ)は健康成分も充実しているので、怠けそうだったり野菜よりも肉類が好きという方は、栄養補給として続けるのもありだと感じました。

まとめ

痩せる方法に対して、太る方法ってなかなかありませんよね。

単純に食べれば良いというわけでもないのがまた難しいところ。

それでいて健康にも配慮しなくてはならず、苦労している方も多いと思います。

もし今も苦労を続けているなら、ファティスタ(旧ファティーボ)を試してみてください。

太るために必要な成分を得つつも、健康を維持するための栄養素も充実しています。

もちろん目標に達するまでは、炭水化物や脂質を優先的に摂取するなど、サプリ以外の部分での努力も必要です。

しかし無理に追加する必要がなく、普段の食事の中で取り入れるぐらいなので、今までよりも楽に感じると思います。

ファティスタ(旧ファティーボ)で健康的な、ふっくらボディを手に入れましょう。

公式サイト↓
ファティスタ(旧ファティーボ)

rs