ファティスタ(旧ファティーボ)とプルエルの違い比較!選び方のコツは?

世間には「痩せたい」と思われている方が多いという印象が強いですよね?

ところが「太りたい」と思われている方も少なからずいるんです。

私の知人にも「食べても太らないというか、太れないんだよね」と言う人がいます。

「痩せたい」私にとって、その知人の「太れない」という言葉は、贅沢にしか聞こえませんでした。

でもきっと知人にとって私の「痩せたい」という言葉は贅沢に聞こえているのかもしれませんね。

食べても太らない、太れないのは体質だから仕方ないと諦めている多くの方に「ファティスタ(旧ファティーボ)」と「プルエル」を紹介します。

どちらもサプリメントで、健康的な体を作るを目的としたものです。

どちらも人気が高いですし、評判が良いので、オススメです。

しかし、一度に2種類のものを勧められると、どちらか選ばないとならないわけで難しいですよね。

そこで、この2つのサプリメントの特徴などをそれぞれ紹介したいと思います。

では、まず「ファティスタ(旧ファティーボ)」についてです。

ファティスタ(旧ファティーボ)は、栄養の効率的な消化吸収を目指し、5種類の酵素と3種類の麹菌が作る生の酵素を厳選し配合されています。

その5種類の酵素は100%の量を配合しており麹菌で発酵させ、麹100%の純粋な発酵食品素材でできています。

更に酵素を強くするための補酵素のビタミンやミネラルが豊富な自然食品であるスピルリナも配合されています。

スピルリナは、最近よく耳にするようになったかもしれませんが、湖に生息する藻の一種でスーパーフードの1つです。

他にもビタミンは12種類以上、ミネラルは14種類以上、タンパク質であるアミノ酸は18種類。

そして脂質や炭水化物、食物繊維や色素が配合されており、乾燥生姜も配合されているので酵素が強くなります。

痩せている方は低体温と言われており、酵素の働きが弱くなるのですね。

植物性乳酸菌やビフィズス菌が配合されており腸内環境を整え、フラクトオリゴ糖が配合されていることで酵素が元気になります。

マカや108種類の植物酵素エキスも配合されていますよ。

1日6~9粒が摂取目安量です。

飲みやすいので続けやすいと言われています。

ファティスタ(旧ファティーボ)の口コミ評価!太って美ボディになれるって本当?

続いて「プルエル」についてです。

「プルエル」の成分についてご説明しますね

まず消化に大切な7つの消化酵素「ファティスタ(旧ファティーボ)」。

7つの漢方「ウイキョウ、生姜、桂皮、チョウジ、金時生姜、カンゾウ、アカメガシワ」。

身体に必要な必須アミノ酸である「BCAAであるバリン、ロイシン、イソロイシン」。

大まかな成分はこのようになっています。

さらに「プルエル」には、プロテインに比べ体内への吸収が早く、酵母亜鉛で酵素が活性化し、大麦乳発酵液GABAも配合されています。

自律神経やリラックス作用も得られると言われています。

1日3粒が摂取目安量となっており、食後に飲むと良いです。
プルエル(PLUEL)の口コミと太りたい悩み解決は本当?

さて、どちらを選んだら良いでしょうか。

もちろん痩せ方も、太り方と同じで様々ですので、誰でも当てはまる選び方というものは存在しないでしょう。

でもあえてタイプ分けするなら、酵素強化でキレイに太りたい方や冷えやすい方、健康的に太りたい女性、ファティスタ(旧ファティーボ)。

消化が今一歩と思われている方は、プルエルからお試しされてみてはいかがでしょうか。

これからの季節、服が薄くなっていくと痩せすぎ体型が目立って他人の視線が気になりますよね?

それぞれの公式サイトにはさらに詳しく成分などについても載っていますので、ぜひそちらもご覧くださいね。

ファティスタ(旧ファティーボ)公式サイト↓
ファティスタ(旧ファティーボ)

プルエル公式サイト↓
プルエル

rU