ごぼうとレンコンが食べて痩せる食材と人気なのは何故?

痩せたい!だけど、食べることは我慢したくない!!と思われている方が多いと思います。

私も食べることが好きですし、昔食事制限ダイエットをして体調を崩したことがあります。

ですからそれ以降は食べることは制限しないで、食べる内容を見直してダイエットに取り組むようにしています。

そこで今回は、食べて痩せることができる食材、蓮根とゴボウを紹介します。

この2つの野菜は、食べたいけれどダイエットもしたいという女の人に是非食べてもらいたい食材です。

どちらも食物繊維がたっぷりで、デトックスにも良いです。

歯ごたえもあり、噛む回数が増えるので、ダイエットにもオススメ食材です。

では、蓮根とゴボウのオススメポイントを順番に紹介します。

オススメポイントその1、どちらも硬いので、噛む回数が増えます。

これがダイエットサポートをしてくれるのです。

よく噛むと、満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防いでくれます。

さらにインスリンの分泌が多くなり脂肪エネルギーが消費させられる褐色脂肪組織の活性化にも良いと言われています。

また、蓮根とゴボウに限った話ではありませんが、野菜は急激に血糖値が高くならないようにする働きをしてくれます。

食事の最初に食べると良いですよ。

オススメポイントその2、食物繊維は、老廃物を身体の外に排出してくれる働きがあるので、デトックスが期待できます。

また腸内の善玉菌を増やす働きがあるので、腸内環境を整えてくれる期待が持てます。

他にも長時間満腹感が得られるというメリットもあります。

では、蓮根とゴボウのオススメの食べ方を紹介します。

葉物野菜は、比較的料理に使うけれど、蓮根とゴボウは硬いし調理も手間がかかるという方が多いかもしれませんね。

包丁で細かく刻むことを考えると手間で使いたくなくなるところですよね。

ダイエットのために取り入れる場合を考えると、細かく切ったり刻んだりする必要はありません。

反対に大き目に切る方が良いです。

まためん棒やビンの底などを使って粗くたたいてから調理すると噛む回数を増やすことができて、更にダイエットに良いです。

これで蓮根やゴボウを料理するのは面倒という気持ちも減るのではないでしょうか。

できれば、毎日、蓮根やゴボウを摂るようにすると良いですね。

可能でしたら、毎日の食事3食の中で2品くらいは蓮根とゴボウを使った料理を摂るようにすると、噛む回数が増えますし、満腹感も得られて食べ過ぎを防げるのでオススメです。

r