痩せるフローラ作りでダイエット!しない方がいいこととは?

腸内フローラを整えることで、ダイエットは成功します。

まず、腸内フローラとは、腸の中に棲む細菌たちの生態系のことを指します。

腸内細菌と聞くと、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌が存在しています。

日和見菌とは、善玉菌と悪玉菌のどちらか優位な方の働きをするものです。

善玉菌が優位になると日和見菌も善玉菌の働きをして、悪玉菌が優位になると、日和見菌も悪玉菌の働きをするのです。

さて、腸内フローラによって、ダイエットも健康も長寿も実現します。

しかし、殺菌や除菌をすることで、腸内フローラによるダイエットや健康、長寿は実現しないかもしれません。

殺菌や除菌、これが「しない方がいいこと」です。

例えば、皮膚の殺菌や除菌よくしていませんか?

石鹸で皮膚の表面の菌を殺菌して、更に除菌スプレーやジェルをつけて、これで手はキレイ!

病気から身を守るために当たり前に毎日行っていることかもしれません。

しかし、これが、かえって病気を招くことになる場合もあるのです。

皮膚には、常在菌という菌が多数棲みついており、病原菌が皮膚に付着しても、常在菌によって、悪い菌は簡単には増えないので、病気から皮膚を守ってくれる働きをしてくれます。

しかし、石鹸等で皮膚を除菌してしまうことで、常在菌も殺菌されてしまい、病原菌が皮膚に付いた時に、すぐに病気にかかりやすくなってしまうのです。

腸内細菌も同じことが言えます。

腸内にとっての敵は薬と添加物です。

抗生物質や添加物、化学物質を食べないことが、腸内細菌を除菌しないことにつながります。

薬を飲まないで、加工商品を控えることが大切ということです。

そして腸内フローラを変えるためには、食生活を改善することです。

腸内細菌の好物である食物繊維と発酵食品を食べることが、腸内細菌の喜ぶエサとなり、改善へとつながります。

日本人には日本人の身体に合う発酵食品(納豆、味噌、醤油、糠漬け等)と、食物繊維を積極的に食べて、善玉菌優位の腸内環境を整えることがダイエットには大切です。

ダイエットをする上で大切なことは、食べる量ではなく何を食べるか?です。

玄米や野菜に多く含まれる不溶性食物繊維と海藻や果物に多く含まれる水溶性食物繊維、山芋やオクラ、納豆になめこ、レンコンや明日葉などを積極的に食べるようにしましょう。

腸内フローラを改善して、食べても太りにくい体質を目指しましょう。

◆食べ物に注意しつつ、もっと積極的に腸内フローラを改善したい方は、スルスルこうそを飲んでみてください。
スルスル酵素の効果と口コミが気になる!
surusurukouso

スルスル酵素は、500億個の乳酸菌(ヨーグルト5個分!)も配合で腸内フローラを整えますから、便秘改善だけでなくダイエットや美容にも効果!と口コミでも人気ですよ。

公式サイト↓
スルスルこうそ