30代女性!綺麗に痩せるには筋トレも必須なの?

最近なんだか痩せない、そう感じるのは30代の方が多いようです。

20代まではダイエットすればちゃんと結果が付いてきたのに、今は思うようにいかないのだそう。

しかしなぜ30代からなのでしょうか?

実は30代頃から人は筋力が低下し、代謝が下がってきます。

代謝が良くなければ、その分ダイエットに時間も技術も必要です。

逆に言えば、代謝をきちんと維持できれば、これまで通りのダイエットでも痩せることができます。

筋肉がなくなったことで代謝も減るなら、筋肉を増やしてあげれば良いのです。

増やすための行動と言えばなんでしょうか?

そう、筋トレです。

きついイメージがあるかもしれませんが、中には女性でも簡単に行えるような動作もあります。

今回は無理なく筋トレをして、成果をより出やすくするためのコツを見ていきましょう。

忙しさは痩せる理由にならない?

20代以前と比べて太りやすいとは言うものの、生活態度を見ればむしろどうして太るの?という環境なのも30代です。

仕事は新人でなくなり、キャリアアップを視野に入れている方も多いでしょうし、実際に役職を得ている人もいるかもしれません。

家庭でも家事だけでなく、育児に携わる時期です。

もちろんこれらの場合でも体重が減っている方はいますが、どちらかと言えば痩せるではなくやつれている印象を抱きます。

仕事も家事も動いてはいるものの、使う筋肉が限られるのできちんと痩せられないんですね。

その上満足に栄養を補給できる時間が持てないことから、健康的なダイエットになりにくいのだとか。

筋肉がないと内臓脂肪が増える

筋肉がないことは、代謝の低下以外にもよくない影響を及ぼします。

内臓脂肪の増加です。

自分の姿を見て、具体的にどの部分が気になるでしょう。

お腹周りはその1つではありませんか?

皮下脂肪だけでなく内臓脂肪も付いてしまうので、余計に目立ってしまうんです。

メタボリックシンドロームにも注意したいところ。

しかしどうして内臓脂肪は増えてしまうのでしょうか。

もちろん食べ過ぎなども理由の内ですが、それとは別に内蔵の保護という機能に注目してみました。

お腹って、背中と違って骨がありませんよね。

それではいざという時に衝撃から内臓を守る機能が存在しないことになるため、代わりとして内臓脂肪が存在します。

内臓保護という理由があるため、もともとほかの部位より脂肪がつきやすくなっているんですよ。

さらに筋肉が失われると、減った部分に脂肪を取り入れようとします。

守るための蓄積であれば、ちょっとやそっとでは痩せないのも当然でしょう。

それを放置しておくとメタボ、ひいては病気の原因になってしまうというのは皮肉と言うほかありません。

手足は細いのに下腹部だけ太っている人は、この典型的な例ですね。

しかし言い換えれば、筋肉を増やすことで内臓脂肪を落とせるということでもあります。

もとあったところに筋肉が戻ってくれば脂肪は不要になりますし、代謝のアップによって必要以上に付くこともなくなります。

内臓脂肪だけをピンポイントで落とすのは難しいですが、筋肉は鍛えた箇所だけ強化されますから、コントロールも容易です。

筋肉があれば何もしない時でもカロリー消費!

筋肉を復活させることは、基礎代謝を向上させることにもつながります。

代謝は簡単に言うとエネルギーの消費ですが、基礎代謝は特別運動しなくても失われるエネルギーのことです。

と言っても傍目にそう見えるだけで、実際は内臓などが活動するためにエネルギーを使っています。

歩いたり物を持つなど、筋肉を動かすことで発生する基礎代謝もあるため、量を増やせば基礎代謝のアップも期待できます。

壊れることで強化できる筋トレ

ところでなぜほかの方法ではなく筋トレなのかというと、筋トレ自体に筋肉の増強があるからです。

筋肉はトレーニングという刺激によって一旦破壊されますが、次に構築される時、壊れないようにより強くする機能を持っています。

よって筋肉を強くするという目的があるのなら、ほかの運動よりもまず、筋トレでダイレクトに負荷をかけるのが望ましいです。

筋トレなら若返り効果も?

女性には嬉しい追加効果も。

なんと、筋トレで痩せた方々は見た目が若々しくなった方が多いんです。

健康的なダイエットであることはもちろんですが、お腹が凹んで均整の取れた体型になる、腰の位置が変わるというケースも。

美肌効果を得た方もいるようですね。

代謝のアップは美容問題でも注視されていますから、肌にも良い結果が現れたのでしょう。

スッキリ体型で小顔効果も期待できるのです。

綺麗な体を目指せるのであれば、標準体重であってもチャレンジしたくなりますね。

目標は体重ではなく体型をイメージ

直前でも触れていますが、美的、健康的にもおすすめな筋トレ。

始めるならば、目標は体重ではなく体型を意識して行いましょう。

例えばウエストをマイナス10cmにする!などですね。

お腹、背中、お尻、二の腕、太もも、ふくらはぎなど、痩せたい部位を重点的にトレーニングしていきます。

複数の部位で気になるならば、同時にトレーニングできるメニューを選び、手間を省くのもコツ。

全身を意識するのであれば、併せて体幹トレーニングでバランス調整を行うのもおすすめです。

一部だけが極端に凹んでいるというのも、綺麗とは言い難いでしょう。

バランスだけであれば、普段から姿勢を意識するだけでも違います。

背筋を伸ばして座る、常に正面を向いて歩くなど、日常のケアもしておけば、気になる部分の筋トレにも集中できます。

また直接的な筋トレとは異なりますが、ウォーキングも取り入れましょう。

ポイントはまっすぐ前を向き、大股かつ早歩きになること。

走ると足が太くなる筋肉の付き方になってしまいますが、あくまで歩く範囲であればスリムな体型を維持できます。

1回に行うのは短時間でも良い

あくまでメニューごとのルールを優先しますが、痩身のため、特に女性が行う場合は1日数分程度で構いません。

たくさん行えばその分筋肉がついてくるとはいえ、ボディビルダーを目指すわけではないのですから。

筋肉をつけすぎないことも注意しておきましょう。

目安としては、3分ほどでも毎日づつけていけば効果がでると言います。

メニュー例で言えば腹筋やスクワットなど、自宅でできる簡単な物で構いません。

逆立ちなど、普段あまりしないようなトレーニングもおすすめです。

マンネリ解消のために挑戦してみるのも良さそうですね。

3分間ですから、休憩を挟まずに一気に行いましょう。

ここで休みをいれると、筋肉は壊れるまでに至らず、強くならないケースもあります。

腹筋などであればジムに通う必要はありまあせんが、きちんとした姿勢や呼吸法、手順を知りたいなら、専門家に相談してみましょう。

また正しい方法を知っても、慣れるまではできるところまで行えば十分です。

常に自分の限界まで行い、徐々に記録を延ばすように続けましょう。

昨日は腹筋20回しかできなかったけれど今日は30回できた、というように成果が上がればモチベーションも上がりますよね。

準備運動や休憩タイミングも大事

筋トレの前後は、準備のための運動も必須です。

筋違いを起こすなど、筋肉を壊す以外にダメージを負うのは避けましょう。

代謝が上がってくれば、ストレッチやマッサージでもカロリー消費されますから、痩せる機会の増加にもなりますね。

そして1回にかける時間や疲労の程度にもよりますが、日毎に別メニューを行うのがベストです。

要は特定の箇所に対して、連続で負担をかけないやり方をします。

例えば今日はお腹と二の腕、明日はふくらはぎというように、筋トレで強化する部位を変えます。

同じ場所に対しては最短でも2日から3日おきに行って、ほかの日は休ませてあげましょう。

同じ日に全身を使う運動をした、あるいは1箇所だけを鍛えたいなら、翌日は何もしないというのもありですよ。

メニューを変えることも、飽きずに続けるにはうってつけでしょう。

食事は筋肉の栄養となるタンパク質を中心に

食生活も筋肉の増強を補えるメニューに変更するのが理想です。

まずカロリーは無理に制限しなくて構いません。

ダイエットと言えばまずカロリー制限と考える方は多いでしょうが、多くの食品はカロリーを持っています。

カロリーを取り除こうとするあまり、ほかの栄養素までそぎ落とすのは良くありません。

筋肉のためであればタンパク質を中心に、ビタミン、ミネラルを優先して考えましょう。

同じ理由で食事制限型のダイエットは推奨できません。

量が不満なら、食べても良いんです。

ただご飯などの炭水化物はカットし、おかずを増やしましょう。

増やす食品にタンパク質が多く含まれていれば素敵ですね。

もちろん減らした分と同じ量までで、過剰に摂取はいけません。

生理期間は水分たっぷりのご飯もあり

炭水化物を抜く際は、減らす量にも注意してください。

30代であれば、まだ閉経に至るには程遠いはず。

そんな中で筋肉重視の食生活をしていると、生理不順を起こすこともあるそう。

原因は血糖値の低下やエネルギーの不足です。

筋トレのためであれば、1日のうち1食だけ抜く、あるいは減らす程度で良いのですが、糖質制限ダイエット並に避けていませんか?

炭水化物も体に必要な栄養には違いないので、必要以上に無くしてしまうと健康を阻害してしまいます。

太らないように避けているはずなのに、必要なエネルギーを確保しようとして、体は脂肪を溜め込んでしまう効果も生まれてしまいます。

もし筋トレ期間中に生理のタイミングが変わったと感じたら、炭水化物の制限を緩和してみてください。

炭水化物や糖質が補えるものならなんでも良いのではなく、水分も補える米がおすすめです。

何より、日本人であれば慣れ親しんだ主食ですしね。

鉄分不足はエネルギー不足?

生理のタイミングでは、貧血を起こす方もいるでしょう。

血と言えば鉄分で構成されていますが、鉄分は筋肉を動かすためのエネルギーを生み出す役割もになっています。

脂肪や炭水化物が単独でエネルギーに化けるのではなく、鉄分が助ける機能を有しています。

つまり鉄分不足は、エネルギーの発生を妨げることでもあるんですね。

貧血に限らず、エネルギーをきちんと使ってもらいたいならば、鉄分もしっかり補給しましょう。

「ビルドマッスルhmb」で筋肉をより早く付けよう

筋トレと食事制限で筋力アップは見込めるとは言え、普段の生活でどれだけできるかも問題ですよね。

初めにも触れたとおり、なかなかに忙しいのが30代です。

そこで、専用のサプリメントにも力を貸してもらうのはいかがでしょうか?

筋肉のためのサプリはいくつか存在しますが、利用者の評価が高い製品に「ビルドマッスルhmb(BUILD MUSCLE HMB)」があります。

マッスルと聞くとムキムキのボディメイクを想像しがちですが、ビルドマッスルhmbは女性らしいボディラインを作るのにも適しています。

筋トレをサポートしてくれるのは、製品名にもなっているHMB。

必須アミノ酸の1つであるロイシンが代謝の過程で変わる物質なのですが、筋肉に直接作用するのはこの形になって初めて行われるんです。

もちろんアミノ酸や、その前段階であるタンパク質も、体内できちんと分解はしてもらえます。

しかしHMBをより早くより多く付与するという意味で、ビルドマッスルhmbの方が期待できるんです。

ほかにも体を疲労から復活させてくれるグルタミンや、ロイシン以外の必須アミノ酸など成分を豊富に含んでいます。

また成分の吸収をアップさせるため、黒胡椒から得られるバイオペリンも採用しました。

錠剤タイプなので飲むだけで良いことや、メーカーの定期購入などコストの面でもおすすめです。
ビルドマッスルHMBで筋力アップの口コミと気になる効果

まとめ

ただ動かすだけではなく、より強く大きくするのが筋トレの目的です。

健康的と言われる運動ダイエットをしている場合でも、筋肉に注目していないと増強は難しいでしょう。

もしほかのダイエットを試している場合、一旦筋トレに切り替えてみませんか?

筋トレで代謝をアップさせておけば、ほかのダイエットをする際も、効果アップを期待できるはず。

その上、綺麗なボディを獲得できるとすれば、切り替えも損ではありません。

ビルドマッスルhmbでサポートを受けつつ、筋肉の増強にチャレンジしてみましょう!

女性はこちら→女性もビルドマッスルhmbで美ボディ!

男性はこちら↓
3023

us