脚のむくみと隠れ下肢静脈瘤の予防法

普段から、ふくらはぎのむくみを感じている女性は多いことでしょう。
しかし、このむくみ、ただのむくみではないかもしれません。
そのむくみ、隠れ下肢静脈瘤かもしれません。

下肢静脈瘤は、血管が拡張し逆流することで発病します。
循環器の疾患です。
ただのむくみだと思い込み、隠れ下肢静脈瘤ということに気付かずに対処しないでいると、後にエコノミー症候群の原因ともなる深部静脈血栓症のリスクも出てくると言われています。

下肢静脈瘤は、年齢層が高い人の病気と思われている方も多いかもしれませんが、実は若い患者さんも受診されることもあり、生活習慣などによって、年齢に関係なく下肢静脈瘤になる可能性は十分にあるのだとか。

特に、女性は男性に比べて、下肢静脈瘤にかかりやすいとも言われており、予防が大切になります。

長時間同じ姿勢で家事をする方、デスクワークの方、立ち仕事の方など、どなたでも隠れ下肢静脈瘤を引き起こす可能性はあり、その予防法で簡単にできるものは、着圧ソックスの着用です。

着圧ソックスは、継続的に履くようにしましょう。
長時間・長期間、適切に着用するのが理想と言われており、日中も着用することが良いと言われていますが、むくみが取れない場合や日中は着用することが難しい方などは、就寝時にも履くようにすると良いでしょう。

その他にできる予防法としまして、数時間に1回の頻度で、脚を椅子の上に乗せて、脚の負担を減らす姿勢をとることや、1時間に1回の頻度で、脚の指をグーパーと10回程度繰り返し作るのも有効と言われています。

また、寝る前や起床時などに、仰向けに寝た状態で、脚と腕を上げて、小刻みに手足ぶらぶら体操(小刻みにブルブルと振る)を20〜30秒を2セット程行うと、下肢の静脈うっ滞を解消してくれる効果が期待できます。

隠れ下肢静脈瘤は、放置しないでケアをするようにしましょう。
ケアの方法は、どれも簡単なものを紹介しましたので、予防に取り組んでください。

◆それでもむくむ時は、優光泉酵素ドリンクを飲むといいです。
代謝アップになってむくみも改善して痩せやすくなりますよ。