小顔で顔痩せになる生活習慣についてです。

男性からも女性からも好まれる小顔。

今の時代は、性別関係なく小顔に憧れる人が多いと聞きます。

小顔は、体重を落としただけでもなれるものではなく、小顔になるための正しい生活習慣を身につけるのが大切です。

そんな「小顔になる生活習慣」について、今日はわかりやすくお話しますね。

まず、小顔になるためには、「表情筋」を鍛えるのが大切です。

この表情筋は、日頃の日常生活でほとんどの人がきちんと使えていません。

そのため、年齢とともにどんどん顔のたるみが気になるようになり、フェイスラインに余分な脂肪が付着して顔が大きく見えてしまいます。

この表情筋を正しく鍛えるには、まずは食事の時によく噛んで食べるという初歩的な生活習慣が大切です。

最近では、麺類などをよく噛まずに飲み込んでいる若者が急増しています。

次に、顔のむくみが起きないように規則正しい睡眠を心がけて下さい。

よく、翌朝になると顔がむくんでいるという方がいると思いますが、多くの人が飲酒や就寝時間が遅くなることが理由でむくみを発生させてしまっています。

また、同じ姿勢で長時間眠るのも血流が悪くなり、むくみやすくなるので気をつけて下さい。

夜の10時以降は成長ホルモンが活発に分泌される時間帯に突入しますので、その時間を味方につけるのも、小顔を促進する第一歩です。

食生活は基本的に和食が小顔には最適です。
wasyoku

ダイエットの天敵だと言われている炭水化物であるお米にも、小顔になるための要素が含まれているそうです。

そのため、適度に食べて適度に運動するのが一番効果的に小顔を作り上げてくれるでしょう。

★なお、顔のたるみが原因で顔が大きくなっている時は、
たるみ改善で小顔に導く美顔器のエステナードソニックRoseを活用すると効果的です。
レビュー→エステナードソニックRoseで小顔になるコツ

エステナードソニックRoseのリフトモードでマッサージすると血行促進にもなってたるみも改善です。
詳しくは→1日5分!美顔器「エステナードソニック」

m