骨盤のゆがみと改善方法

骨盤のゆがみが、身体にどのような影響を与えるかご存じでしょうか。
骨盤のゆがみが血流を妨げて、冷え性や浮腫みの原因になり、ダイエットにも悪影響を与えてしまうのです。

骨盤がゆがむことで起こることと、その改善方法を紹介します。

骨盤がゆがむと、代謝が低下します。
骨盤がゆがむと、身体の中のバランスが崩れてしまいます。
血流が悪くなり、冷え性や浮腫みの原因なります。
よって、脂肪燃焼の低下につながり、代謝が低くなってしまいます。

改善方法としまして、骨盤のストレッチをお勧めします。

骨盤のストレッチは、脚を肩幅に開き、手を腰にあてて、ゆっくりと腰を回します。
上半身はまっすぐで、ゆっくり回しましょう。

骨盤がゆがむと、筋力が低下します。
それは、体幹部の筋力が使われなくなるので、たるみの原因にもなってしまいます。

改善策は、筋力を作ることです。
骨盤ストレッチを行いつつ、筋力もつけていくようにしましょう。
行い方です。
脚を閉じて、床に仰向けに寝て膝を90度に曲げます。
手は何もせず、リラックスさせておきましょう。
お尻だけ上げてください。

骨盤がゆがむと、ぽっこりお腹の原因になります。
姿勢が悪くなり、猫背やО脚になり、体型に悪影響を及ぼしてしまいます。
結果、ぽっこりお腹になってしまい、ゆるんだ身体になってしまうのです。

対策は、骨盤枕です。
枕を骨盤にあてて、5分程横たわります。
これで、骨盤が正常の位置になり、ぽっこりお腹も解消できます。

骨盤のゆがみは、肩凝りや腰痛の原因になります。
肩凝りや腰痛は、様々な原因がありますが、骨盤のゆがみも影響を及ぼします。
骨盤のゆがみから、筋力が低下し、血流が悪くなり、筋肉が強張り肩凝りや腰痛が起こるのです。

対策は、お尻歩きをして血流を良くすることです。
体育座りをして、膝が曲がらないようにお尻で歩きましょう。
少し前に進んだら、後ろに戻るというやり方もお勧めです。
骨盤を鍛えて、且つ身体の血流がよくなります。

骨盤がゆがむと、便秘になります。
あまり知られていませんが、便秘の原因の1つに骨盤のゆがみも考えられます。
骨盤が後ろに傾いていると、股関節を圧迫してしまうので、内臓への負担となっているからです。

改善策は、骨盤矯正です。
整体など、プロの施術を受けるのもよいですね。

このように、骨盤のゆがみが、色々な悪影響を身体に与えているのですね。
普段あまり気にならないかもしれませんが、今の不調は骨盤の歪みが原因かもしれません。

◆骨盤矯正を自宅で簡単にできる!と人気なのが骨盤ウォーカーベルトです。
骨盤ウォーカーベルトの口コミと効果
骨盤ウォーカーベルト(リセットプロポーションベルト)は
歪んだ骨盤を巻くだけで骨盤矯正に導くと評価が高いです。
普通に生活するだけでもいいですが、装着して運動もすると
ウエストが1分で最大ー3cmになった方もいるくらいです。

是非、覗いてみてください!
公式サイト↓
骨盤ウォーカーベルト