モデルさんや芸能人が愛用していると人気の酵素ドリンク、酵水素328と優光泉(ゆうこうせん)の違いと選びかたをまとめてみました。

まず、価格と容量。

酵水素328は、500ml入りで4740円、優光泉は550mlで2本7992円ですので、お値段は優光泉の方が少しお手頃ですね。

そして、味と飲みやすさの比較。

酵水素328は、口コミでも味がかなり薄いと言われています。
確かにかなり薄めの味で、かろうじでプルーンのような鉄っぽい味がする程度ですが、まずいとか飲みにくいといった感じはありません。

優光泉の方は、ストレートと梅味の2種類があり、ストレートはちょっとお漬物のような酸味のある味、梅味はすっきりとした梅ジュースのような味わいで美味しいです。

味が薄くてもいいという方や梅の風味や酸味が苦手な方は酵水素328が良いでしょう。

逆に梅酒や梅ジュースが好みの方や美味しくさっぱりしている味が良いという方は優光泉がおすすめです。

そして、もっとも大切な成分についての比較ですが、

酵水素328はその商品名のとおり328種類の酵素エキスと水素パウダーを配合しているのが特徴です。
酵水素328の口コミレビューと評価
つまり、酵素だけでなく水素の抗酸化力も期待できるのが最大のメリットです。
酵素と水素のパワーで美肌にもなりたい方は、酵水素328がおすすめです。

公式サイト↓
酵水素328選

一方、優光泉は65種類ですが、産地も安心な九州産ですし、何よりマクロビ理論で作られているので冷え性にも良いですし、低カロリーなのもメリットです。

優光泉は、添加物などを一切使用しておらず、完全無添加の本物の酵素ドリンクなのも大きなメリットです。
優光泉(ゆうこうせん)酵素ドリンク到着と飲んだ初感想
ダイエットを本格的にしたい方、健康面を改善したい人、添加物が気になる人は優光泉の方がおすすめです。

公式サイト↓
九州産野菜にこだわった完全無添加の酵素「優光泉」
ゆうこうせん