葛の花イソフラボンで痩せるという噂は本当?どのサプリを飲むと良い?

ダイエットなら葛の花イソフラボンが良い。

職場の同僚がそんな話をしているのを耳にしました。

イソフラボンというと、大豆や関連製品に入っているイメージが強いですが、葛の花にも入ってるんでしょうか?

しかし実際のところ、その同僚はダイエットに成功したようです

数ヶ月前は全体的に丸いイメージがあったように記憶しているのですが、今改めて見てみると、スラっとして女性らしい体つき。

お腹は凹んでいるのに、胸や腰は豊かなまま。

彼女と私は同期の入社で、年齢も33と同じです。

でも私の体型はというと、最近運動不足なためか、お腹を中心に太りがち

コールセンターのスタッフという1日中座りっぱなしの仕事なので、普段から体を動かすことはできません。

いつもベッタリの仲というわけではありませんが、自分だけが置いていかれたようで、ちょっとした嫉妬も覚えました。

ただ裏を返せば、彼女はそんな状況からでも痩せることができたことになります。

一体どういう仕組みで痩せられるのか、負けじと私も葛の花について調べてみることに。

葛餅とは違い花から栄養を採取する

葛はマメ科の植物で、花は赤や紫の綺麗な色をしています。

秋の七草で知っている人も多いでしょう。

主な開花時期は、8月の半ばから9月いっぱい。

食品としては葛餅や葛湯、葛根湯など、根の部分を粉にして使うことが多いです。

葛根湯なら風邪の初期や肩こりに効果があると言われますが、健康面で見ると葛の花も肝臓に良いとか。

葛花(かっか)と言う名前の漢方として、二日酔いの方へ使われているんです。

根の効果を得るなら葛粉でも期待できそうですが、購入の際は成分表示に注意してください。

中にはイモ類のデンプン粉と混ざった製品もあるため、100%葛の製品を求めるなら本葛と記されたものを選びましょう。

葛はまた、根や花以外の部分も利用されてきた植物です。

例えば葉は止血剤に、つるは食べることもできますが、カゴなどの編み細工に活用されることが多いそう。

茎は現在利用されることはないそうですが、花同様にイソフラボンが含まれているようで、将来は茎から採取したイソフラボンも活用されるのではと言われています。

葛の花だけでも痩せられる?

葛の花の効果は脂肪の燃焼です。

花だけでも痩せることができると言われるほどで、皮下脂肪・内臓脂肪どちらに対しても効果が見込めます。

体重の減少だけでなく、ウエストなどのサイズダウン、体型の変化が見られるのも特徴。

さらに現在の脂肪だけでなく、新たに食品から摂取した脂肪が、体に溜まるのを抑える効果も持っています。

葛の花のイソフラボンは全部で7種類

葛の花に含まれるイソフラボンは7種類で、テクトリゲニン類とも呼ばれます。

製品によってはイソフラボンではなくテクトリニゲン類と表記されていることもあるので、覚えておきたいところ。

葛の花には7種類ほどのイソフラボンが入っています。

大豆のイソフラボンも15種類ほど存在あるようですが、ダイエットよりも女性の健康のための成分が多いとのこと。

イソフラボンと言っても、効果が少し違うんですね。

ポリフェノールの1種で、抗酸化作用があるのが特徴。

増えすぎた活性酸素の除去を行い、体を若々しく保つことができます。

骨からカルシウムが流れ出てしまうのを食い止めてくれる効果もあり、骨粗しょう症にも良いとか。

ダイエット面では上で挙げた効果のうち、これから蓄積されるであろう脂肪の抑制が主な役割です。

ダイエットへの期待が高まっているのは、将来を含めても体重の維持がしやすいことにあるのかもしれません。

特に糖質が脂肪として蓄えられてしまうのを防ぎます

葛の花にはサポニンも3種類入っている

イソフラボンの中というより、葛の花に含まれる別の物質なのですが、サポニンにも注目が集まっています。

大豆や高麗人参などにも含まれていて、食べると苦味を感じるそう。

サプリメントなど健康食品であれば、イソフラボンのみを抽出するのではなく葛の花のエキスや抽出物を採用するケースがほとんどです。

その結果イソフラボンサプリであっても、サポニンの効果が併せて得られます。

ちなみに葛の花の効果のうち、現在蓄積されている脂肪の燃焼は主にサポニンの役目

それを考えると、イソフラボンだけを抽出していたら効果は半減していたかもしれないですね。

燃焼の過程では、燃えやすい状態に分解する手順を挟みます。

一般的な燃焼系サプリは、文字通り燃焼だけに特化した製品が多いため、脂肪自体が燃えにくければ効果も期待できないのだそう。

脂肪を燃えやすい状態にするという手間をかけることで、より痩せやすくしてくれるんですね。

さらに脂肪を燃やすには、褐色脂肪細胞と呼ばれる別の脂肪を使います。

蓄積される脂肪は白色脂肪細胞に該当するそう。

この褐色脂肪細胞のサポートも行うことで、燃焼効果を高める働きもしてくれます。

加えてコレステロール値を抑えてくれる効果も。

脂肪の増加は悪玉コレステロールの増加とも関わってきますから、双方にストップをかけてくれるのは嬉しいですね。

また、界面活性剤の吸収を抑える作用があるのもポイント。

化学由来のものは健康に良くないなんて言われますが、もし摂取したとしても葛の花がストップをかけてくれるんです。

スキンケアなど、肌トラブルによっては製品の仕様が限られることもあるでしょう。

どうしても界面活性剤入りのものを選ばなくてはならない時も、影響を最小限に抑えることができますね。

摂取するならサプリがオススメ

効果が高いとなれば使いたいですが、葛の花って市販されているのでしょうか?

秋の七草ということは、そもそも秋しか購入できないと想像できます。

しかも春の七草とは異なり、秋の七草はお粥にして食べることはなく、あくまで観賞用。

と思っていたんですが、意外にも葛の花を食べている人はいるみたいです。

菜の花やふきのとうなどにありがちですが、天ぷらやおひたしなどで食すと良いとか。

これを聞いて、普段の食事に取り入れるのもありかなと思ったのですが、そうとも言えない様子。

試しに1つ買って茹でて見たのですが、葛の花は味があまりしません。

食べた方の話を調べてみると、良くても香り付けか、彩を添えるための素材みたいです。

やっぱり摂取するならサプリメントですね

サプリなら栄養素が漏らさず詰め込まれていますし、少量で成分が濃縮されていますから続けやすいですし。

ちなみに葛の花が配合されたサプリならば、だいたい3ヶ月ほどで良い変化が期待できるようす。

1つ試すのに半年や1年かかってしまうようなら躊躇していたところですが、これなら効果の見極めも行いやすいと感じました。

部分痩せには効果なし?

そうは言っても、万人にオススメというわけではなさそうです。

副作用はありませんが、そもそも脂肪の燃焼効果は全身へ均等に及びます。

よって特定の場所だけダイエットしたいという方には、効果が現れないかもしれません。

期待した箇所が太ったままだったり、望んでもいない場所が痩せてしまう可能性があるんですね。

ただ、内臓脂肪が集中しやすいお腹だけをダイエットしたいというなら話は別。

内臓脂肪が蓄積されているのなら、それを燃焼する葛の花と相性は良いです。

お腹が膨らんだまま、ほかの部位だけ痩せてしまう心配は少ないよう。

加えてイソフラボンは女性ホルモンとしても作用しますから、バストだけ残したいダイエットにもおすすめ。

大豆イソフラボンほどではないですが、葛の花にも植物性エストロゲンは入っているらしく、その効果で胸の脂肪は守られます。

また女性の更年期障害は女性ホルモンの乱れが原因とも言いますが、葛の花ならこちらも緩和してくれますよ。

私はまだ更年期のような症状は出ていませんが、ダイエットが終わったあとも、利用し続けたいと思いました。

女性ホルモンの影響が及ぶ人も注意

女性ホルモンの効果では、妊娠中や授乳中の方は摂取を控えた方が良いです。

大豆イソフラボンよりは少ないとはいえ、バストはしっかり維持できたり、更年期にも良いと言う以上は効果が出ているということ。

ちょっとだからと飲んでしまい、赤ちゃんに悪影響が出てしまっては大変です。

どうしても活用したいなら、授乳期間も終えてから、産後ダイエット用のアイテムにしましょう。

また赤ちゃんにはもちろんのこと、未成年の方も成長の阻害になる可能性があるそうです。

妊娠中もそうですが、葛の花イソフラボンのサプリは、その条件の方を対象に作られていないものが殆どです。

健康問題なので、該当する方に対しておいそれと臨床試験を行うわけにも行きませんものね。

20歳未満の方なら代謝もまだまだ良いですし、ちょっとの運動や食事の栄養管理でダイエットできます。

葛の花にこだわらず、ほかのダイエット方法を探してみましょう。

そのほか、葛にアレルギーを持っている方、薬を服用している方も注意してください。

アレルギーはサプリごとに含まれる他の成分にも注意、薬の場合は担当医に、飲み合わせで副作用が生じないかを確認しましょう。

選ぶなら「スリムフォー」が一番人気!

葛の花イソフラボンを取り入れたサプリは何社か販売しているようですが、私は一番人気の「スリムフォー(slimfor)」を選びました。

臨床試験によって、3ヶ月で20平方cmの脂肪燃焼が見られたという結果がまず良かったです。

内臓脂肪が減っている様子もグラフでわかりやすいです。

スリムフォーは、医師からの評価も高いです

口コミでも人気です。
スリムフォーの口コミ効果!おなかぽっこり解消は本当?

効果の高さゆえ、値段は覚悟していたのですが、定期購入なら安くしてくれるサービスがあるのも良いですね。

1袋は1ヶ月分で、初回のみ2週間分が発送されます。

期間が半分とはいえ、送料を含めても1500円ちょっとなのでありがたいです。

その上、定期購入でも解約条件はなし。

極端な話、最初の2週間で辞めてしまっても構わないんです。

効果が出るまでは3ヶ月の様子見が望ましいですが、味が受け付けない、飲みにくいなどで続けるのが難しければ解約しても問題ありません。

また葛は日本にも分布していますが、スリムフォーはアジア南部でしか採取できない貴重な種類の葛の花を採用しているそう。

わざわざ外国から取り寄せるぐらいなので、効果も期待できると感じました。

しかも栽培種ではなく自生しているものなので、農薬を気にしている人も安心です。

機能性表示食品として国から許可されているスリムフォー

普通のサプリは健康食品ですが、スリムフォーは消費者庁に届け出ることによって機能性表示食品と位置づけられています。

読んで字のごとく、機能の表示をしても良いサプリで、それだけ効果に自信がある証でもあります。

届出をするだけで、認められると聞くと、結構安易なイメージもありますが、もちろん届出の内容が不十分なら認可は取り消し。

表示が続いている限りは、そうでない食品に比べて優秀と判断して良いと思います。

お腹はもちろん全身がスッキリ

やっぱりスリムフォーの効果が実感できたのは3ヶ月目からでしたね。

1袋目を飲む最初の2週間は、とりあえず飲んでいるという感じで、次の1ヶ月になってから少しずつ体重が落ちてきました。

ただ会社の付き合いもあって、その次の1ヶ月は飲み会なども多く、体重は増減の繰り返し。

さらに次の1ヶ月を半分ほど過ぎた頃、服がゆるくなったことに気づいたんです。

ウエストはもちろんですが、二の腕やふくらはぎなど全体的に余裕が出来ました。

パンツやスカートだけでなく、上着もサイズダウンできたんです!

バストはアンダーが減ったことで、トップのサイズは変わらないのにカップが1つ上になったのも嬉しかったですね。

アンダーサイズが大きい方は、トップを増やすのではなくアンダーを減らすことでカップのサイズアップを狙うのも良いかもしれませんよ。

現状は健康管理や運動がしにくい環境ということもあって、今もスリムフォーに頼らせてもらっています。

まとめ

葛の花イソフラボンのスリムフォーは、思ったよりも成果が大きくて、驚くとともに嬉しさもひとしおです。

職場でも「痩せたんじゃない?」と、冒頭の彼女を含めて皆から褒めてもらいました。

体がスッキリしたせいか、あるいは葛の花のエストロゲンのおかげか、毎日快適に過ごせるのもメリットだと思います。

運動や食事制限など、一般的なダイエットに難航したら、葛の花イソフラボンに目を向けてみるのもありです。

特にサプリのスリムフォーなら、体型の変化も期待できます

辛いダイエットを続けずとも、スリムフォーで3ヶ月で痩身を手に入れちゃいましょう。

*2019年3月28日追記
スリムフォーはキャンペーン終了です。
今もお得なキャンペーン中で類似の葛の花サプリで高評価なのはシボヘールです。
シボヘールは機能性表示食品なのでダイエットでも良い変化が期待できます
詳しくは→お得なシボヘール公式サイト
新規原稿追加の為

us