キャベツには女性ホルモンを活性化させる
ボロンが含まれていますし
解毒作用もあり食物繊維も豊富です。

食べたからと言ってムダ毛が
すぐ減るわけではないですが
女性ホルモンを増やします。
女性ホルモンが増えると
ムダ毛も薄くなりやすいですし
美肌やダイエットにも効果があります。
(質問)
どのくらい食べると効果あるの?

(回答)
効果が出る量には個人差があります。

ただ、キャベツダイエットの目安では
食事の前に、前菜みたいにして
生のキャベツの千切り(大きく切ったものでも良い)を
サラダ用のボウル1杯分(1/6個分)食べるといいです。
ドレッシングはノンオイルのものがいいです。
kyabetu

もし、生のキャベツが苦手なときは
ゆでたり蒸したりしたキャベツでも大丈夫です。
生が大丈夫なら生の方がビタミンC
壊れていないので栄養的にはいいです。

この時に、ゆっくりかんで食べることがコツです。
1口30回以上が目安です。

よく噛むことで満腹中枢が満足しやすいので
食べ過ぎを防ぐことができます。

毎食ではなく、夕食前にキャベツ
食べるのを夜キャベツダイエットと言います。

キャベツはダイエット効果だけでなく
便秘改善効果、美肌効果もありますし
健康にもいいです。

しかしキャベツだけでなく
他の食材もバランスよく食べること
大事です。

キャベツだけだと偏ります
食物繊維が多いので食べ過ぎるとお腹を壊します。

特に良質なタンパク質をいっしょに摂ることが大事です。
合計1日60gから70gの良質なタンパク質が理想です。
半分は植物性タンパクがいいです。
豆腐(100gで5gのタンパク質量)
納豆(30gで5gのタンパク質量)などですね。
卵は1日1個(6gのタンパク質量)までがいいです。
肉では鶏の胸肉(100gで22.9gのタンパク質量)を含みます。
牛肉(100gで16gのタンパク質量)
魚では、マグロ(100gで28.3gのタンパク質量)
他にも穀物や野菜にもタンパク質は含まれています。
例えばオクラ(30gで0.5gのタンパク質量)などです。

ですから偏らずにバランスよく食べることが
ダイエットや美肌にも大事です。

ダイエットや美肌に良い
バランスが良い食事の注意はこちらをどうぞ
美肌とダイエットと健康にも良い食事の注意

なお女性ホルモンを増やす他の方法は
こちらをどうぞ。
女性ホルモンを増やす方法