便秘の改善やダイエットに人気のお茶といえば、キャンデト茶と桃花スリムですよね。

ところで、この2つの違いってなんなのでしょうか。

キャンデト茶と桃花スリムの違いと比較、選び方についてまとめてみました。

まず、キャンデト茶は、お茶の味を決めるベース成分(紅茶、玄米茶、ウーロン茶、ジャスミン茶、ハニーブッシュ)と、メインのキャンドルブッシュ、エビスグサ、ローズマリー、グァバ葉、ペパーミント(ウーロン茶ベースには入っていない)と、シンプルな配合のお茶になっているのが特徴です。

一方、桃花スリムは、メインのゴボウ根、ローズヒップ、キャンドルブッシュ、マクイベリー、ショウガ、バラ花、ハニーブッシュ、ハイビスカス、ルイボス、ハトムギ、黒大豆、柿葉といった12種類の天然ハーブ配合のお茶です。

パッと成分だけ見ると、キャンデト茶と重なっている成分もあるので、一見、桃花スリムの方がいろいろ入っていて良さそう!と思ってしまいそうですよね。

でも、便秘改善にかなり期待できるキャンドルブッシュの量がキャンデト茶の方がかなり多くなっているので、便秘に悩まされている人は、キャンデト茶の方がおすすめです。
キャンデト茶のダイエット効果とその理由
桃花スリムは、メインのゴボウ根に含まれるイヌリンがむくみに良いので、むくみが気になるという方におすすめです。
桃花スリム茶で便秘だけでなくダイエットもできる理由は?
また、昔から肌荒れを改善するとされているハトムギ、美容に良いとされるローズヒップなども入っているので、ダイエットするとやつれるのが悩みだという方にも桃花スリムは、おすすめですよ。

いずれにしても、自分に合うかどうかは飲んでみないとわからないことも多いので、2つとも試してみるのが一番おすすめです。
桃花スリム公式サイト↓
美肌にもダイエットにも良い便秘茶の桃花スリム

momohanaslim

キャンデト茶公式サイト↓