スッキリできると評判のキャンデト茶ですが、どうしてスッキリできるのでしょうか。

キャンデト茶の全成分と特徴を調べてみたのでご紹介します。

キャンデト茶は、昔は紅茶ベースのお茶だったのですが、最近リニューアルして、5種類にベースが増え、選べるようになりました。

5種類のベースとは、従来からある紅茶に加え、ウーロン茶、ジャスミン茶、玄米茶、ハニーブッシュです。

つまり全成分は、

<ベース(5種類)>、ペパーミント(ウーロン茶ベースは除く)、キャンドルブッシュ、エビスグサ、ローズマリー、グァバ葉

となります。

ちなみに、玄米茶ベースとハニーブッシュベースは、ノンカフェイン。

ウーロン茶ベースにはペパーミントが配合されていません。

この5種類から好みの味、飲みやすそうな味を選べますし、ノンカフェインが良い方も選びやすくていいですよね。

では具体的にキャンデト茶の特徴をまとめていきましょう。

まず、紅茶ベースは、やはり効能というよりも飲みやすさ重視の方におすすめだと思います。

ウーロン茶ベースは、ウーロン茶に含まれているポリフェノールに抗酸化作用があり老化を予防してくれると同時に、脂肪の吸収も抑えてくれます。

ジャスミン茶ベースはリラックスしたい方におすすめです。

脂肪の分解促進や吸収を抑える働きをあります。

玄米茶ベースはギャバが豊富に含まれているので眠りやすくなるのと、中性脂肪やコレステロール値を改善してくれます。

ハニーブッシュベースはピニトールというう成分が血糖値を下げる働きがあります。

このようにベースだけでも選びがいがあるお茶ですよね。

そしてメインのキャンドルブッシュは、古来よりインドネシアで排便を促すハーブとして使われてきたハーブです。

ローズマリーは、コレステロール値改善、エビスグサは、便秘や血圧の改善、グァバ葉は糖分の吸収を抑えてくれます。
キャンデト茶のダイエット効果とその理由
このような特徴があるので、美容と健康に良くデトックスできるお茶と口コミで話題なんですね。

公式サイト↓