meemo(ミーモ)は、ダイエットにも良いって本当?その理由は?

ダイエットがずっと失敗続きです。

仕事がデスクワークなためか、最近体重が気になり始めました。

そこでダイエットを実行しているのですが、一向に成功しません。

ちょっとは減るのですが、翌日になるともう元に戻っていたり。

食べ過ぎには注意しているので、今以上に太ってしまうことはないのですが、現状維持が続いています。

それほどに、私の中に溜まっている脂肪は大きいのでしょうか?

これはもう断食でもしないと解消できないのかと悩んでいたところで、同僚からダイエットに関する話を聞きました。

彼女もダイエットを敢行しているそうですが、スラッとした綺麗なボディです。

それでいて胸や腰は豊かなので、とても羨ましく思っていました。

そんな同僚曰く、ダイエットする人こそ、食べたほうが良いとのこと。

一体どう言うことなんでしょう?

カロリーだって減らし過ぎはダメ

ダイエットというと、まずカロリーの摂取を少なく消費を多くと考えますよね?

私もそれに従って、カロリーの高い食品は避けて来ました。

でも、カロリーは体を動かすために必要なもの。

同僚が言うには、必要以上に摂取を少なくしてしまっては健康にも影響が出てしまうんですって。

例えば女性の場合、1日の目安は1400から1600kcalが望ましいとか。

それでも気になるという場合でも、1200kcalは維持したほうが良いみたい。

これ以上減らしてしまうと、健康のために必要なエネルギーがなくなってしまい、病気になりやすいそうです。

既に溜まった脂肪があると考えるかもしれませんが、体脂肪となったしまった分は、運動をしないと燃焼しにくく、内蔵の活動など、普段の生活に必要なエネルギーは外から摂取したもので賄っているそうです。

絶食などでリバウンドが多いのはこれが原因。

体は必要なエネルギーが足りないと感じてしまうので、絶食のあとでたくさん食べたくなってしまうんですって。

エネルギーのもととなる炭水化物や脂質も、必要なら食べたほうがダイエットのために良いんです。

気になるならタンパク質を優先

エネルギー源となる栄養素にはタンパク質もあります。

炭水化物や脂質の摂取自体がどうしても気になってしまうなら、タンパク質の摂取でまかないましょう。

筋肉のもとにもなりますから、筋トレで代謝アップを行っている人にもおすすめ。

魚や豆類に多いですが、特に大豆食品の納豆や豆腐なら手軽にイソフラボンが摂取できるので、女性らしいボディの維持もしやすいです。

反対にあまり気にしていなかった人は、タンパク質に切り替えた時も過剰摂取に注意しましょう。

タンパク質をとりすぎると内蔵が疲れやすくなったり、腸内環境が悪化する可能性があります。

食物繊維がないと体内の不要物が減らない

ところで、ダイエットにぴったりの栄養素と言えば食物繊維ですよね。

便秘解消にも役立つので、食物繊維がたっぷりの野菜などをしっかり摂ることは大事です。

逆に言えば、摂取しないと便秘になる、体内に不要な成分を溜め込んでしまう可能性があります。

太る原因は、エネルギーのもとである脂肪や炭水化物が蓄積されているだけとは限りません。

悪玉菌や毒ガスなどの物質だって取り除きたい成分ですよね。

でも食事制限をする際に食物繊維まで取り除くと、腸に留まっている老廃物が外に出なくなります。

老廃物だと解っていても、排出されなければ体重はいつまでもそのまま。

反対に食物繊維があれば腸内環境も整いやすく、量の制限をしていても、限られた栄養素がきちんと消化されて全身へ行き渡ります。

ビタミンやミネラルも足りないと問題に

健康に欠かせないの栄養にはビタミンとミネラルもあります。

ビタミンはAなら皮膚や粘膜の構成、B群は筋肉や神経の代謝促進、Cは美肌や疲労ケアというように、いずれも身体の健康維持に必要です。

ミネラルは特にカルシウムと鉄に注目

カルシウムは骨の構成に欠かせない成分ですが、イライラを始めとした気分の不調を防ぐ効果も

ダイエットはストレスとの戦いでもありますから、余計にイライラするのは避けたいですね。

一方、鉄は血液のもとになる成分です。

血液は体中に酸素や栄養を届けるのが役目。

不足して貧血になれば、それは栄養が届きにくくなるとも言えます。

食事の量を減らすことでこれらの摂取量も相対的に減少してしまっては、ダイエットができても不健康な身体になってしまいます。

肥満の時点でも栄養不足な人も

問題なのは、普段の生活で食べ過ぎと言われるような人でも、栄養の観点では食べなさすぎであるということ。

特定の食品しか口にしないので、得られる栄養も限られ、偏りが生じてしまうんです。

極端な話、肉だけを食べている人は脂肪はたくさん付くかもしれませんが、ビタミンを十分な量得られるとは限りません。

ただこの例の場合、肉類の中にもビタミンを含む種類はあるので、補おうと思えば可能かもしれません。

しかしわずかしか含んでいない種類を1日に必要な量だけ摂ろうと思ったら、その分脂肪も過剰に得なくてはいけませんよね。

ダイエットを行うなら、まず自分が普段どんな栄養を摂り過ぎていて、反対に何が不足しているのかを調べましょう。

肉を食べ過ぎていることだけでもわかっていれば、肉の種類から含まれる栄養素を確認して、同時に不足も判明するはずです。

ダイエット時の食事は、極端な話、普段得ることができなかった栄養素で構成してみるのも良いかもしれません。

サプリメントもダイエット用より栄養補給

燃焼系サプリなど、ダイエットに適した製品は多く出回っていますが、栄養不足の上で太っている方にはあまりおすすめしないそう。

それよりは、必要な栄養素を含む一般のサプリ、栄養補給のための製品をおすすめします。

これなら普段の食事内容はあまり変更せず、量だけ減らして栄養バランスもアップできますね。

量が減れば摂取カロリーも少なくなるので、それだけで健康的に痩せられることも。

可能な人は、プラスして運動などを増やし、より大きな減量に挑戦しましょう。

「meemo」で栄養補給はバッチリ

サプリでの栄養補給は今まで気に留めていなかったのですが、1日に必要な分を食事だけで補おうと思ったら確かに大変そうですよね。

さっそく帰りにドラッグストアでも見ていこうかなと思っていた私に、同僚が「meemo(ミーモ)」というサプリをくれました。

同僚曰く、女性らしいボディを維持するのにぴったりなサプリだそうです。

私も噂は耳にしたことがありますが、バストアップのイメージがあったため、利用しようとは思っていなかったんです。

一応、胸はそれなりにありますし、幸か不幸か、ダイエットが成功していないために小さくなってもいないので。

胸が小さくなった時に改めて頼みたいと一旦は断ったのですが、同僚が言うには、ダイエットの栄養補給としても良いそうです。

ワイルドヤムで筋トレをサポート?

例えば、meemoの代表的な素材の1つであるワイルドヤム

同じく代表的な素材であるプエラリアよりも、女性ホルモンに対する効果がすごいと言われています。

プエラリアに含まれているのはイソフラボンと言って、エストロゲンという女性ホルモンに近い効果を発揮します。

対し、ワイルドヤムに含まれているのはジオスゲニンという成分。

こちらはプロゲステロンという女性ホルモンに近い働きをするんです。

燃焼という、ダイエットには欠かせない役割を果たしてくれます。

さらに、男性ホルモンの1種であるテストロテンを活発にするとも。

男性ホルモンが増えるということは、筋肉の強化がしやすいということ。

筋肉が備わっていれば、普段から代謝が良くなる分、より良い燃焼が期待できますね。

もちろん胸筋を強くしてバストアップに繋げることも可能です。

プロゲステロンはさらに、体のむくみ対策にも役立ちます。

脂肪はそれほどではないけど、普段から飲料の飲みすぎで水分がたまりやすい人にもぴったりです。

サポニンで予防もできるワイルドヤム

またワイルドヤムには、サポニンという物質も含まれています。

主な効果は、予防。

つまり、ジオゲスニンによって燃焼した後、新たについてしまうのを防いでくれます。

ダイエットそのものだけでなく、アフターケアまでできるなんて、正直驚きました。

またサポニンには身体の抵抗力アップにも良いそう。

痩せた後に健康でいられる可能性が高まるのも嬉しいですね。

プエラリアで胸とお尻は維持

もちろんプエラリアの植物性エストロゲンこと、イソフラボンもお役立ち。

女性らしい体型の維持に必要で胸やお尻は大きく、お腹や手足は細くを実現しやすくしてくれます。

またイソフラボンはポリフェノールに属する成分であり、抗酸化作用も持っています。

身体の酸化を抑制してくれるので、若々しさの維持にも貢献してくれるかも。

meemoにはプエラリアを粉末、エキス末、発酵状態の3パターンで内包しているほか、別途大豆イソフラボンも入っています。

プエラリアが強力とは言っても、効果が発揮されやすい形や原材料が全ての人で同じとは言い切れません。

より多角的な方法で、多くの方に効果が出るようにしているんですね。

プエラリアの場合はミロエステロールという成分によってもバストアップが見込め、イソフラボンよりもさらに強いとか。

それゆえ過剰摂取や飲むタイミングによる副作用も心配されていますが、meemoは時期に応じた飲みわけによって、その問題を解決しています。

ブラックコホシュで気持ちも安定

素材で同じくイソフラボン、加えてタンニンを含むのがブラックコホシュ

ハーブの1種であり、気持ちの安定にも役立つのが特徴です。

女性ホルモンの乱れによって、生理前後にイライラするなんて経験はありませんか?

ブラックコホシュはその不安定な気持ちを整えてくれます。

原因こそ違えぞ、ダイエットにも気持ちの乱れはつきもの。

ハーブでリラックすることも大事なのかもしれません。

アグアへとザクロでビタミンをプラス

栄養面では、アグアへとザクロにも注目です。

アグアへはビタミンの種類が豊富で、A、C、及びEを含んでいます。

ザクロもビタミンのうちBとCを含んでいますが、植物性エストロゲンに加えてカリウムも持っているのがポイント。

カリウムは不足すると、筋肉の動きに悪影響を及ぼします。

女性的なボディといっても、健康な体型を作るならある程度の筋肉は欠かせません。

カリウムで損なわないようにしましょう。

ほかにもマグネシウムやリンの確保ができます。

栄養素という意味では、マカで必須アミノ酸が確保できるのも魅力ですね。

抗酸化も期待!

ほかの素材でも多くが抗酸化能力を有していますが、meemoにはまだまだ抗酸化に優れた素材が詰まっています。

例えばフラボノイド、アルカロイドが優秀なチェストツリー

生理不順やPMS、妊活の栄養補給にもおすすめだそう。

果物の中ではベリー系がポリフェノールたっぷりと言われますが、meemoにはアサイーとマキベリーが入っています。

meemoで健康的なダイエット!

同僚から勧められたのは2種類のうちゆっくりキレイの方でしたが、美味しかったので注文してみることに。

定期コースだと、最初は送料だけで済むのもありがたかったです。

私はmeemoを中心に、食事はバランスを考えつつも普段のままで量のみ少なめ、休日にウォーキングなどの運動を行うことにしました。

すると、体重がしっかり減ってくれたんです。

一時期停滞することもありましたが、それは筋肉量が増えたり、胸が大きくなってしまったことが原因みたい。

それでいて、3ヶ月ほどで目標体重のマイナス5kgに達することもできました。

ということは筋肉や胸を差し引きすると、お腹や手足の脂肪の減りはそれ以上ってことですよね。

ちなみにmeemoは小腹満たしとして、おやつタイムに食べるのがオススメです。

また栄養素がしっかりしているせいか、肌質も良くなりました

届いた時にパッケージを見て知ったのですが、プラセンタやヒアルロン酸なんかも入っているんですね。

健康は維持できても、ダイエットすると美容も損ないがちな私なので、とても嬉しいです。

まとめ

ダイエットはただ体重を減らせば良いというわけではありません。

現代人は普段から栄養が偏りがちなので、量が少なくなってしまうと得られる栄養素もそれだけ減ってしまいます。

また食べたいという欲求からストレスも大きくなるはず。

meemoで栄養素をバッチリ取りつつ、気持ちの負担も減らせるダイエットをしてみましょう。

口コミ評価も高いです!
詳しくは→ミーモ(meemo)の評価レビュー!口コミ効果で噂のバストアップは本当?

胸はそのまま以上の結果なのに、体重はきっちり減るという、夢のような結果が期待できるかも?

rs