ダイエットに効果的な水の飲み方

ダイエット中は、こまめに水分を摂ることが大切と言われています。
1日でトータル800mlから1.5L飲むことが体の巡りがよくなり、浮腫みの解消にも役立ちます。

この水、ダイエットに効果的な飲むタイミングがあるので、そのタイミングを紹介します。

1つ目は、起床後です。
人は寝ている間に大量の汗を排出しているので乾いています。
起床した時、血液はドロドロになっているので、水を飲んで解消してください。
他にも起床後に水を飲むことで、胃腸が刺激され、老廃物の排出を促すことができますし、白湯を飲むと体が温まり、代謝も上がります。

2つ目は、運動前です。
喉が渇く前に水を飲むことが大切と言われています。
こまめに水分を摂ると巡りがよくなり代謝がよくなります。

運動中は、水分が失われやすいので、喉が渇いたと感じた時は、すでに脱水症状を起こしていることもあるので、喉が渇いたと感じる前に、こまめに水分を補給してあげましょう。
こうすることで、体の血行がよくなり、脂肪燃焼を促進する働きもあります。

大量に飲むと胃に負担を掛けてしまいますが、運動後は飲みたい量をゆっくり時間をかけて飲むのがベストです。

3つ目は、食事の30分前です。
水を飲むと空腹感が和らぎ食べ過ぎ防止の効果もありますが、食事前に水分を摂ると食べ物の栄養を体に吸収しやすくなる効果があります。

食事中に、水分を多く摂ることは、胃酸が薄まり消化能力が低くなるのでお勧めしません。

食事中の水分は、ガブガブ飲むのではなくスープ一杯程度の量に留めるようにしましょう。

4つ目は、入浴前後です。
入浴前に水分を摂り、体の巡りをよくすることと、代謝を上げて発汗効果が高まります。
お風呂上りにも水分を摂ることで、代謝をよくすることができます。
長時間お風呂に入るときは、飲料水を用意しておき、入浴中にこまめに飲むようにしましょう。

5つ目は、寝る30分前です。
人は寝ている間に大量の水分が失われ、血中濃度が濃くなります。
これが浮腫みにつながるので、寝る前に水分補給は大切です。

寝る前に水を飲むと浮腫むと思われがちですが、反対に水を飲まないことの方が浮腫みの原因になってしまうのです。

水は、常温のもの或いは白湯を飲みリラックスして、質の良い睡眠を促せるでしょう。

こまめに水を飲むことで、体の巡りが整いスリムな体質に導かれるので、水分を摂るときの参考にしてみてください。