りんご由来のプロシアニジンb2サプリでダイエットできるのは何故?何が良い?

今までダイエットが上手くいった試しがありません。

一時的に体重は減るんですが、すぐに元に戻ってしまうし、簡単にリバウンドもしてしまいます。

しかも先日会社で行われた健康診断の結果を見たら、BMIが25

体脂肪も前回の測定より増えていて、立派な肥満体です。

あまり無理はしたくないので、運動は休日にウォーキングをするぐらい。

平日は食事に配慮し、野菜中心のメニューを考えたりしたのですが、ちっとも効果がありません。

自宅にある体重計は体脂肪率までチェックできるのですが、体重は減っているのに体脂肪率は増えてしまったなんてことも。

脂肪だけでなくストレスも溜まる一方。

娘からは無理をするなと言われますが、夫から1度豚扱いされたことがあるので、どうしても見返してやりたいです。

ちなみに私は41歳。

メタボも気になる年になり、健康の意味でも今の状態はまずいなと思っています。

いろいろ模索している中で知ったのが、仕事の後輩から教わったりんご由来のプロシアニジンb2でした。

ダイエットしたいならプロシアニジンb2

後輩は私の勤務する会社に昨年転職したばかり。

それ以前は別の企業に勤めていたのですが、その時の写真を見ると、私並に太っていたんです。

しかし今はモデルのようなスリム体型。

彼女は独身なので、同じ部署の男性の何人かは狙っているとかいないとか。

それぐらい美人なんです。

まだ20代なので、ダイエットできたのは代謝も良いのではと思ったんですが、彼女はプロシアニジンb2を毎日摂取していたおかげだと言います。

私の年代の方も愛用していると聞いたので、詳しく聞いてみることに。

プロシアニジンb2リンゴポリフェノールの1種で、そのままリンゴに含まれている物質なのだそう。

ほかにもお茶や柿、ビワ、ブドウなどに多いです。

構造は同じくポリフェノール1つであるカテキンが結びついたものなので、お茶や柿にもあるというのが解りやすいですね。

存在は実際に確認することも可能で、傷んだりんごの茶色い変色がプロシアニジンb2のある証。

実は表面でプロシアニジンb2が酸化を請け負うことで、内部の果肉が酸化しないようにしているんですって。

変な話ですが、茶色くなればなるほど、プロシアニジンb2が活躍していることになります。

脂肪への対処と抗酸化でダイエットをサポート

ポリフェノールということもあって抗酸化能力に優れており、体内の老廃物や活性酸素の除去が得意。

摂取すれば、病気や老いとは無縁の元気な生活を送ることができます。

ダイエットに良いとされる理由も、余計なものを排泄してくれるのが1つ。

そしてカテキン1つでなく複数が結合しているという状況からも察することができますが、ポリフェノールの中でもとても抗酸化力が高いです。

代表的なポリフェノールで言えばゴマのセサミンがありますが、プロシアニジンb2は実にその17倍

カテキンの主な成分となるエピガロカテキンガレートと比較しても、6倍の威力があるそうです。

加えて血流の促進によって悪玉コレステロールの数及び、脂肪の吸収率を下げるのも魅力。

必要な栄養素だけはきっちり残す、健康的なダイエットが望めます。

血液の流れは脂肪の酸化によって滞りやすく、プロシアニジンb2はその抑制によって流れをスムーズにしています。

一方脂肪に関しては、小腸にて分解酵素の働きを抑えることで体内に蓄積させるのを妨害。

肝臓でも、合成されることを防いでいます。

既に溜まっている脂肪にも対処してくれていて、脂肪を燃やすのが得意な酵素をプロシアニジンb2は増やしてくれるんです。

男女問わず摂取したい

脂肪の吸収を抑え、今ある脂肪も燃焼しやすくすることは、肥満防止以外にも役立ちます

端的な例がメタボ。

またそれを放っておくとなり得る生活習慣病です。

皮下脂肪の中でもお腹にたまりやすい中性脂肪。

体を動かすのに必要な成分なのですが、現代人は偏った食事などで必要以上に蓄えがちです。

中年太りなんて言いますが、代謝機能も衰えてきた40代以降の方によく見られますね。

しかしプロシアニジンb2を摂取していけば、その心配も軽減できるんです。

生活習慣を正せば予防できるのが生活習慣病ですが、簡単にできれば誰も苦労はしません。

命に関わるような大きな病気もあることですし、見直すまでに時間がかかる人は、まずプロシアニジンb2でケアを始めて見ると良いでしょう。

プロシアニジンb2で色白美人?

美容にも役立つプロシアニジンb2。

まず抗酸化によって美肌効果も期待でき、シミ対策としてもおすすめです。

シミの原因と言えばメラニンと、その発生原因とも言える紫外線ですが、プロシアニジンb2はメラニンが増えすぎないよう制する効果を持っています。

メラニンは紫外線を防ぐためのもので、ある意味プロシアニジンb2によるリンゴの変色と同じ役目。

ですが役目を終えてもきちんと剥がれ落ちずに肌に留まり、シミやくすみに繋がってしまいます。

これはターンオーバーの乱れがが理由なのですが、不規則な生活をしていなくても年齢を重ねれば乱れたり長くなってしまうもの。

よって外部からケアすることが求められるんです。

しかもプロシアニジンb2には紫外線自体を遮断する効果もあると言われていて、スキンケアにも採用され始めているとか。

そして肌の老化を防ぐことにも繋がるので、トラブルケアだけでなくエイジングケアをしたい人にも向いています。

ほかにも健康に欠かせない効果アリ

プロシアニジンb2にはダイエットだけでなく、美容と健康に役立つ効果が満載です。

例えばアレルギーを抑えるサポート効果。

アレルギーはアレルゲンに接触してしまうと体調不良を起こしてしまいますが、病気やケガと違って簡単に解決できませんよね。

しかしプロシアニジンb2を摂取すれば、その発生を食い止めたり、症状を軽くすることができるんです。

お次は育毛

実際に臨床試験なども行われたそうで、プロシアニジンb2を摂取すると髪の毛の密度が高まるそう。

細胞を増やす力が備わっていることから、髪の毛も生えやすくなるんです。

抗酸化で活性酸素を抑えることは髪にとっても大事で、必要な栄養素をきちんと行き渡らせることができます。

また美肌効果があるように、頭皮の健康維持も助けてくれます。

血の巡りを向上させ、若々しい地肌を実現可能に。

加えてフケの原因となる雑菌を増やさない効果もあるとか。

薄毛だけでなく、フケで痒みが止まらない人にも良さそうですね。

その効果を得ようと、実際育毛を目的とする薬剤やサプリでも、既にプロシアニジンb2が採用されていますよ。

さらに口臭や虫歯、白内障といった様々な症状を防ぐことも得意です。

口臭の場合、原因物質をプロシアニジンb2が減少させることで対処していますよ。

プロシアニジンb2を摂取するには?

プロシアニジンb2の効果をしっかり得たいなら、リンゴで1日1個の摂取が目安。

ただし状態は生で皮も取らず、タイミングも食前に限定しなくてはいけません。

脂肪の吸収を抑える効果を発揮させるため、何かを食べる前の摂取は必須なんです。

そしてプロシアニジンb2はリンゴの皮に多く含まれており、果肉部分だけでは効果が薄いそう。

しかしこれではリンゴが苦手な方はもちろん、好きな方でも大変そうですよね。

何を隠そう、私もリンゴは苦手。

コンポートなど煮れば皮ごとでもOKなのですが、なぜか生の味や食感は好きになれません。

それ以外の食材なら生でも食べられますが、リンゴほど多くはないそうなので、摂取量も増えるはず。

おまけに果物を生でとくれば、気になるのが農薬の有無や入手経路。

安全と解っていても、きちんと洗って食べましょう。

しかしもし私と同じくリンゴからの摂取が難しい、毎日は嫌という方は、サプリがおすすめです。

単独で威力を発揮してくれる「プロシア8」

プロシアニジンb2入りの人気ダイエットサプリが「プロシア8」です。

これも後輩から紹介してもらいました。

口コミ評価も高く人気なのです。
プロシア8(エイト)の評価レビュー!口コミ効果で噂の内臓脂肪減少は本当?

プロシアニジンb2に加え、オリーブの含有成分であるオレアノール酸の配合サプリで、特許を得ています。

またプロシア8は、消費者庁が定めている機能性表示食品なのです。

プロシア8の場合は肥満女性の体重やウエストサイズ、BMI値を減らすことで届出がされており、パッケージに記すことが許されています。

一般的な食品やサプリに比べ、それだけ多くの人に効果が見込める製品なんです。

臨床試験の結果では、3ヶ月試した人が体重マイナス3kg、ウエストマイナス3cmを達成したとか。

ダイエットというとマイナス何十kgと実践する人が多い昨今なので少なく感じるかもしれません。

しかしこの結果は、プロシア8以外には何もしていないんです。

人によっては運動などを日頃行っている人もいたかもしれませんが、盲目試験と言いますから効果は明かされずに実施されたのでしょう。

参加者は応募者の中からBMI値と年齢以外はランダムで決めていますから、その人がダイエットしているかはメーカーですら解らないはず。

それでも多くの方に効果が出たと言いますし、プロシア8だけの力が感じられます。

オレアノール酸は糖が脂肪になるのを防ぐ

プロシア8のもう1つの主成分であるオレアノール酸は、糖質が脂肪に変わってしますのを防いでくれます。

脂肪は油分だけがなるのではなく、炭水化物などから得る糖質でも変化してしまうのが厄介。

お菓子の食べ過ぎやご飯大好きさんが太ってしまうのは、糖質の摂り過ぎも原因の1つと言われます。

糖質は脳を活動させるのに使いますが、余った分が脂肪として蓄えられてしまうそう。

しかし一旦変化してしまうと、脂肪は糖になるわけではないんです。

よって糖を摂り過ぎてしまったら脂肪として燃焼するしかなかったわけですが、オレアノール酸があれば脂肪にさせない選択肢も可能に。

ちなみにリンゴは若摘みを選んでいますが、そのほうがプロシアニジンb2を多く得られるからです。

なんと熟したリンゴに比べて、未熟なリンゴはプロシアニジンb2が10倍以上も多く含まれているそう。

太っているうちはその分プロシアニジンb2も必要だと思いますから、これも助かりますね。

初めやすい低価格も嬉しい

プロシア8はメーカーの公式サイトで直接頼むと良いそうです。

インターネットでは定期便が用意されており、初回の方にはスターターキットとして様々な特典が付いてきます。

例えば定期1回目の発送なら送料分500円だけで利用可能。

2回目以降は30%近く割引されていて、定価よりもお得に注文できるんです。

そして付録にダイエットの知恵袋とカレンダーがセット。

知恵袋はダイエットに役立つ知識やノウハウが入っていて、後輩もプロシア8を飲みつつ実践していたと言います。

カレンダーはプロシア8を飲んだかどうかの記録帳ですね。

とにもかくにも続けることが大事ですから、忘れないようにするための工夫がされているのは嬉しいです。

ただしその条件として、初回プラス3回、合計4回は続けなくてはいけません。

臨床試験の効果を見極めるための期間ですが、味など1回で解るようなところを見たい方は、定価で1袋の方が良いでしょう。

3ヶ月でマイナス3cm!

1日2粒が目安なので、私は毎日夕食前に飲むようにしました。

キッチンに置いておき、料理中、焼き上がりを待っているタイミングなどを利用していますよ。

カレンダーも一緒に置いておけば目立つので、忘れる心配もありませんでした。

プロシア8ではウエストマイナス3cmで服もサイズダウンなんて言っていましたが、まさにその通りの結果に

3ヶ月続けてみると普段着用している服にゆとりができ、最近着れなくなっていた服に袖が通るようになったんです。

体重はウエスト以外も減ってくれたみたいで、3.5kg減っていましたよ。

変化には夫も驚いてくれたようで、以前の小馬鹿にしていた態度は何処へやら。

肌も良くなったのか娘にも「綺麗になったんじゃない?」と言われましたし、もう豚なんて言わせません。

まとめ

脂肪の燃焼って、簡単そうに見えて意外と難しいです。

普段の生活の中ではできることが限られますし、続けるのも大変。

肥満の人が多いのは、適したダイエット方法が見つからないのも理由なんじゃないでしょうか。

もし悩んでいる方が居るなら、プロシア8をおすすめしたいです。

もちろん暴飲暴食はダメですが、プロシア8を飲むだけで良いので何かをする余裕がない人にもぴったり。

プロシア8で綺麗なスッキリ体型になっちゃいましょう。

*2018年9月19日追記
プロシア8(エイト)は、キャンペーン終了しました。
今も口コミで人気の朝もすっきりでダイエットできるサプリは、スルスルこうそです。
スルスル酵素のダイエット効果とその理由
胸下のぽっこりお腹もスルスル酵素で、すっきりと評判です。

スルスルこうそは消化酵素やスマート乳酸菌配合で腸内環境を整えるサポートもするのでとっても人気です。
妊娠中や授乳中にも飲むことができるのも評価が高いですよ。
詳しくは→スルスルこうそ公式サイト

hs