リバウンドばかりのダイエットから脱出するコツ!

あなたは、これまでダイエットをされたことがありますか?

それらは満足のいく結果となりましたか?

リバウンドせず、効果は持続していますか?

私は、過去に15キロくらいの減量に成功したことがあります。

しかし、そのときから10年以上経過した今、すっかり戻りつつあります。

その10年の間に、出産をしたので、そのころからダイエットは無理と思うようになってしまったかもしれません。

しっかり食べないと、体力がもたない、子供の相手ができなくなるという考えが痩せるために食事を制限しようという考えよりも勝っていたのですね。

しかし、そもそもカロリー制限(食事制限)のダイエットは、よくないことを知りました。

確かに消費カロリーが摂取カロリーを上回れば体重は落ちます。

しかし、それを繰り返していると、体は飢餓状態となり、危機感を覚えてしまうので、次にいつ栄養が摂れるかわからないと考え、摂ったエネルギーを消費しないように保とうとします。

摂取カロリーを極端に抑えるダイエットは、繰り返すたびに、体脂肪が増え代謝機能は衰え、痩せにくく太りやすくなってしまいます。

ですから、痩せたいから食べないのではなく、食べ過ぎはよくありませんが、ある程度は食べないと痩せない身体になっていってしまう可能性が高くなります。

体の代謝機能を高めて、食べて痩せるようにすることが良い痩せ方です。

食事の内容やバランスと質を大切にし、血液を綺麗する食事を心掛けましょう。

さて、最近話題のダイエット法のメリットとデメリットを紹介します。

1つ目は、低糖質ダイエットです。

糖質=炭水化物を控えて食後の急激な血糖値の上昇を抑えるものですが、糖質を全く摂らないということはしないでくださいね。

脳は糖を栄養分として欠かせないからです。

炭水化物を摂らないダイエットをすることで、脳の回転が鈍くなり、イライラしたり、脳機能障害を起こすこともあるので、極端な糖質制限は控えましょう。

2つ目は、ファスティング(断食)です。

一定期間食べ物を摂らずに、デトックスするというものですね。

最近よく聞くのは、全くなにも食べないことは危険なので、酵素ドリンクやスープを摂ったりするプチ断食が多いようですね。

ファスティングダイエット終了後は、胃が空っぽの状態なので、その胃に負担をかけないように、離乳食のようなものから少しずつ常食に戻すようにしてくださいね。

3つ目は、置き換えダイエットです。

置き換えダイエットは、その名の通り、1日の食事の何食かを酵素ドリンクや、寒天、豆乳クッキーなどを食事に置き換えてカロリーを抑える方法です。

ファスティングダイエットも置き換えダイエットも、3食満足に食べることができないので、強い意志がないと続けることは難しいかもしれませんね。

食べないので、はじめのうちは簡単に痩せることができるでしょう。

もっと、良い方法はないのか?それは「酵素」を上手に使うことです。

食後の血糖値の上昇を抑えることと、食べた栄養素をしっかり消化して、代謝吸収することが大切で、そのために酵素が欠かせません。

酵素を上手に取り入れるためには、生野菜などを積極的に摂ることです。

酵素は熱に弱く、48度を超えると壊れてしまうので、生で摂ることが理想的です。

生野菜、果物、ナッツ類から摂れますが、生野菜をたくさん食べるのが難しい場合は、ジュースなどにするのも良いかなと思います。

また、緑黄色野菜やイモ類などもオススメです。

食事の際は、生ものから食べ、塩分は酵素の働きを妨げるので、漬物などは控えるようにしましょう。

最後に、「よく噛むこと」これが大事です。

よく噛むことで、酵素は食べ物に働きかけることができます。

よく噛むことが面倒でしたら、例えば最初から離乳食のような状態ものや、ジュースにしたり、口に入れる前に事前消化している状態のものを作って取り入れるのも方法の1つです。

酵素を上手に取り入れること、しっかり噛んで食べることで、食べることを極端に我慢しなくても、無理なくダイエットができるのですね。

◆もっと積極的に効果的な酵素ドリンクを飲んで、綺麗に痩せたいときは、優光泉(ゆうこうせん)酵素ドリンクを飲むと効果的です。

u