プレミアムスリムビオとLAKUBIの違い比較!どちらを選ぶと痩せやすい?

近頃なぜか、ダイエットが難しいと感じるようになりました。

ウォーキングをしても食事制限をしても体重が落ちてくれないんです。

食事は制限こそ解除しましたが、野菜を中心に健康に気をつけています。

私は今32歳で、幼稚園と小学校低学年の子供がいます。

食事の用意は自分のためだけでなく、子供たちのためにもなりますから、特に注意しているんです。

でも痩せない。

食べる量は増やしていないのに、お腹は張る一方です。

そんな時、お義母さん(夫の母)から「お腹がスッキリできるサプリメントよ」と言って、「プレミアムスリムビオ」を渡されました。

私は結婚の際夫の家に嫁いでおり、夫の両親とも同居しています。

互いに専業主婦ということもあって、お義母さんとは家族が出払っている昼間など、何でもない話で盛り上がることもしばしば。

そんな話の中で、最近痩せないことを話したら紹介してくれたんです。

ところが翌日、「こっちも良いわよ」とお義母さんが持ってきたのが、これまたサプリの「LAKUBI(ラクビ)」。
ラクビ(LAKUBI)の口コミとダイエットになるのは本当?

お義母さんは60近い年齢ですが、流行ものが大好きで、美容や健康にも敏感です。

これまでも勧めてもらった製品には当たりが多く、その分信頼はできるのですが、効果があればあっちもこっちもと手を出すのが玉にきず。

サプリなので一緒に飲んでも良いのかもしれませんが、私としてはどちらかだけにしてコストを抑えたいところ。

なので私個人でも、どちらが良いのかチェックしてみることにしました。

腸内環境に注目しているところは同じ

ダイエット系のサプリは燃焼や酵素などいろいろありますが、どちらも腸内環境を整えるサプリのようですね。

そういえばお義母さんも、「お腹がスッキリできる」と言っていました。

お腹の中は腸内フローラとも呼ばれるように、たくさんの細菌が花畑のごとく住み着いています。

中でもファーミキューテス類、通称でぶ菌と、バクロイーデス類、通称やせ菌という2つのタイプがダイエットに関わっているとか。

名前からもわかるように、でぶ菌が多いと太りやすく、やせ菌が多ければ痩せやすいみたいです。

このバランスを整えない限り、いくらダイエットをしても無駄というのは、正直驚いてしまいました。

運動や栄養の管理など日常でも腸内環境のためにできることはありますが、それだけで戻すには時間もかかります。

そうなると、やっぱりサプリなのかなと感じました。

ちなみにやせ菌が身体を痩せさせてくれるメカニズムは、共に短鎖脂肪酸という物質にあるのだとか。

短鎖脂肪酸は血液によって全身へ行き渡り、脂肪の吸収を抑えてくれるんです

やせ菌が増えれば短鎖脂肪酸の作られる量も増えるため、より太りにくくなる仕組み。

でぶ菌はむしろ、脂肪の吸収を促すというか、何でもかんでも溜め込んじゃうみたいですね。

最近便秘も続いていらので、出ない理由はデブ菌だったかと、不本意ながら納得してしまいました。

プレミアムスリムビオによる乳酸菌の与え方

では製品ごとのアプローチを見ていきましょう。

最初はプレミアムスリムビオから。

こちらはまず乳酸菌EC-12という種類が1袋に1兆個も含まれています。

乳酸菌と言えばお腹に優しい物質で有名ですよね。

実は乳酸菌もやせ菌の1つなんです。

1袋は30日分ですが、1日分に換算しても約333億個

ヨーグルトもびっくりの含有量ではないでしょうか?

量にも驚きでしたが、EC-12という種類は既に死んだ乳酸菌という事実にまた驚きです。

それこそヨーグルトや乳酸菌飲料の話になりますが、「生きて腸まで届く」なんてPRは当たり前ですよね。

なのにプレミアムスリムビオでは敢えて死なせてしまう。

もちろんこれには訳があります。

生きた乳酸菌と言っても、その多くは胃酸など体内で死んでしまい、実際に効果を与えてくれる乳酸菌は僅かになってしまうそうです。

これでは効果が感じられない時に、数が少ないからなのか、それとも乳酸菌自体が体に合わないものなのか、対処に困ってしまいますよね。

ただし死んだ状態でも効果は及ぼすとのこと。

それならば死んだ菌で量をたくさん増やし、影響力という意味で生きた乳酸菌と同じレベルにすれば良いと考えたみたい。

摂取量と効果を発揮する量が同じなら、効果の有無もきちんと解りますね。

スマート乳酸菌で抗酸化をアップ?

もう1つ、スマート乳酸菌も入っています。

こちらは生きた乳酸菌で、お腹の調子を整えるだけでなく、ポリフェノールの吸収をアップする効果があるそうです。

ポリフェノールと言えば抗酸化

活性酸素や毒素など、体内の不要物を除去に役立ってくれます。

プレミアムスリムビオでは、その代表とも言える茶カテキンも入っているので、別途ポリフェノールの入った食品を選ばずとも吸収効果を発揮してくれます。

ビフィズス菌やそのサポートもしっかり

さらにプレミアムスリムビオには、ビフィズス菌B-3も入っています。

短鎖脂肪酸の生成だけでなく、腸のバリア機能も強化してくれるそう。

生活習慣はストレスなどちょっとしたことですぐ乱れてしまいますから、影響を受けにくい体作りには欠かせませんね。

また乳酸菌やビフィズス菌が活動しやすいよう、環境を整える成分も充実しています。

例えばラクトフェリン

でぶ菌に限らず、悪玉菌を減らす作用が有り、その分やせ菌を含めた善玉菌を増やすのに役立っています。

菌が増えるためには、好物となる成分も必要ですが、プレミアムスリムビオにはオリゴ糖や納豆菌、水溶性食物繊維なども配合。

食物繊維では、レジスタントスターチと呼ばれる大腸まで届くでんぷんにも注目です。

消化しにくいとはいえ、食物繊維は小腸までしか届かないという種類も多いとか。

私も食物繊維は消化されないぐらいに考えていたので、これは嬉しい話でしたね。
プレミアムスリムビオのダイエット効果とその理由

LAKUBI(ラクビ)は酪酸菌で腸を整える

もう1つのLAKUBI(ラクビ)でも、ビフィズス菌B-3とオリゴ糖は共通しています。

しかしメインとなるやせ菌は、酪酸菌と呼ばれるもの。

乳酸菌やビフィズス菌に比べると、あまり聞いたことがない名前ですね。

ですが、短鎖脂肪酸を生み出す効果という意味では、乳酸菌やビフィズス菌を上回るとして、近年注目を集めているのだとか。

それを1700万個、カプセルに詰め込んでいます。

ビフィズス菌B-3に至っては、8.5億個も入っているのだとか。

サラシアと植物性キトサンでサポート

ほかにも2つ、注目成分が入っています。

1つ目は天然ハーブのサラシアから得たエキス。

古くから民間療法に用いられてきたという、実績は十分の植物です。

肥満対策はもちろん、糖尿病のサポートにも期待できるそう。

スイーツや炭水化物大好きな人におすすめかもしれませんね。

もう1つは植物性キトサン

植物性キトサンは、余分な油を吸着し、排出してくれるスッキリ成分です。

その特性を活かして、ゆっくりと腸内を移動し、余分な油を吸着して外に一緒に運び出してくれます。

また、カニやエビの殻に含まれる動物由来のキトサンではなく、

アレルゲンフリーな植物由来のキトサンのため、安心してお飲みいただけます。

年齢層を考えると、どちらが良い?

あくまでイメージですが、既に利用されている方の年齢を見てみると、プレミアムスリムビオは20代の方が中心で30代の方がちらほらという印象。

一方でLAKUBIは30代を中心に、50代以上の方も使っているようでした。

成分だけ見ると年齢による制限はなさそうですが、自分に近い環境の方がいるという点では、LAKUBIの方が合いそうだなという印象を受けましたね。

肝心の成分はというと、やせ菌同士を知識だけで比べるのは難しいかもしれませんね。

個数ではプレミアムスリムビオの方が1兆と単位からして違いますが、LAKUBIの酪農菌の効果が高いというのであれば、数は問題外でしょうし。

あるいはほかの成分をみて、抗酸化に興味があればプレミアムスリムビオでしょうか?

やせ菌のエサも充実しているので、やせ菌をとりあえず重視したい場合にもプレミアムスリムビオが良いですね。

LAKUBIの場合は血糖値やコレステロール値など、健康診断で指摘されそうな問題に対処しやすそうです。

あるいは利用者の年齢の違いも、ここにあるのかもしれないですね。
ラクビ(LAKUBI)の口コミとダイエットになるのは本当?

プレミアムスリムビオは初回75%オフ価格で

購入はインターネットで、どちらもメーカーの公式サイト上で行うのが共通しています。

定期コースならお得というのも同じですね。

まずプレミアムスリムビオですが、定期なら初回は75%が引かれた価格で購入できます。

送料も不要ですから、4分の1の値段で買えるんです。

2回目以降は少し割引率が下がるものの、それでもずっと半額が続きます。

ただし効果を見極める関係上、最低でも4回は続けることが条件です。

定価に換算すると2回分より少し安い金額。

都度購入すると1回分の定価に加えて送料が発生しますから、あまり差がなさそうですね。

LAKUBI(ラクビ)はもともとが安価

LAKUBIは初回が990円で注文できます。

定価からの割引率という意味では、4分の1ほどでしょうか。

2回目以降は30%引きで続けることができます。

値段の割引だけでなく、「腸内健康フローラStart Book」という付録冊子がセットになっているのも特徴。

サプリを飲む以外のノウハウも得られるチャンスです。

継続は最低3回が条件で、4回目以降から解約や休止の連絡ができます。

コスパもあってLAKUBI(ラクビ)を始めてみた

初回の値段ではLAKUBIの方が低いですね。

というより、定価の時点でもLAKUBIがお得のようす。

成分でも「向いているかも?」と感じたこともあって、まずLAKUBIを試してみることにしました。

届いた製品は白いカプセル

プレミアムスリムビオは丸い錠剤タイプとのことなので、ここでも好みが分かれるかもしれません。

カプセルは細長くはありますが、私個人としてはあまり問題なく飲めています。

効果は最初の1、2週間ほどはあまり気づくこともなかったように思います。

3週間目ぐらいから、毎朝トイレで、きちんと出ているなと感じ始めましたね。

お腹がスッキリしているのを実感できたせいか、気分もいつも上向きに。

効果の見極めは3回分でしたが、2回目の後半ぐらいからお腹も引き締まってくれました。

どこかに出かけるわけではないけれど、鏡の前での洋服選びが毎日楽しいんです。

ちなみに私の場合、現在LAKUBI以外は育児を含めた家事ぐらいが運動、あとは腸内健康フローラStart Bookで学んだことですね。

栄養管理もそのままなので、怠けっぱなしや暴飲暴食する方だともっと効果は遅いかもしれません。

あくまでサプリですから、無理なダイエットはせずとも規則正しい生活に戻すぐらいのことはした方が良いと思います。

お義母さんが始めたプレミアムスリムビオをもらってみた

私はLAKUBIである程度の効果が出たので続けているわけですが、お義母さんがどうやらプレミアムスリムビオを気に入ったみたいで、続けていました。

見せてもらって1回分ではありますが飲んでみたところ、サプリというだけあってこちらも飲みにくさはありません。

ちなみにお義母さんの場合は、4回目の終わりぐらいにようやく効果が感じられたとのこと。

お義母さんには申し訳ないですが、生活態度だけでなく加齢でも腸内環境は悪くなるようなので、それは仕方がないのかもしれませんね。

言い換えれば時間はかかっても効果が出たということですから、プレミアムスリムビオが悪いということもなさそうです。

ただお腹への効果が遅かった割に「お肌がなんだか綺麗になった」とのこと。

抗酸化の影響が皮膚に出たのでしょうか?

確かに50代も終わりにしては、シワも少なく綺麗な白さだなと思っていたんですが、プレミアムスリムビオの効果だとすれば、侮れませんね。

まとめ

どちらも効果はあるようですが、値段や継続必須期間を考えて、私はLAKUBIの方が痩せやすいと感じました。

LAKUBI(ラクビ)で今一歩だったら、その時に改めてプレミアムスリムビオに切り替えてみるというのはどうでしょう?

やせ菌にも相性があるかもしれませんから、異なる成分を含んだプレミアムスリムビオなら、LAKUBI(ラクビ)で痩せられなかった人にはむしろ可能性が高まるからです。

また肥満が気にならなくても、血糖値やコレステロールなどが気になる方にもLAKUBI(ラクビ)は良いですよ。
ラクビ(LAKUBI)の口コミとダイエットになるのは本当?

もちろんやせ菌の含有量や抗酸化の能力を重視して、お肌も綺麗になりたいと、最初からプレミアムスリムビオで始めるのも良いと思います。

気になる方を選んだら、お腹の環境を見直して、無理なダイエットなく痩せやすいボディになっちゃいましょう。

*2019/04/22追記
プレミアムスリムビオはキャンペーン終了です。
今もダイエットに人気の乳酸菌サプリでキャンペーン中なのは、KOMBUCHA生サプリメントです。
KOMBUCHA生サプリメントの口コミ評価!生のコンブチャで菌活ダイエットは本当?
熱に弱い酵素・酵母・乳酸菌を特許製法のカプセルを使用し「生きていること」にトコトンこだわった
高評価の「ダイエットサポートサプリ」がKOMBUCHA生サプリメントです。
詳しくは→お得なKOMBUCHA生サプリメント公式サイト
KOMBUCHA生サプリメント

Hs