生漢煎 防風通聖散で効果的な飲み方はある?

寒さが厳しい季節が間もなく終わりを告げようとしていますが、この記事を読んでいるあなたは薄着デビューができそうでしょうか?

寒さが厳しい季節ではたくさん厚着をすることで体形がカバーできていたかと思いますが、薄着だとおなか周りや背中の脂肪が目立ってしまいますよね。

そして厚手のセーターやトレーナーは中に着込めるように少し大きめになっているかと思いますが、薄着だと中に何かを着ることがあまりないのでピチピチ感がどうしても出てしまいます。

もうすぐ冬が終わりそうだからどうにかしたい、でも何をすればいいの…というあなたにおすすめしたいのが、生漢煎 防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)という漢方薬です。

この生漢煎 防風通聖散は18種類もの生薬を配合しており、脂肪減少や便通の改善が期待できると言われている漢方薬です。

冬の間にため込んでしまった脂肪をどうにかしたい、頑固なお通じをどうにかしたいとお思いのあなたにぜひ試していただきたいのですが、この生漢煎 防風通聖散はどのように飲めばよいのでしょうか?

今回は生漢煎 防風通聖散のおすすめの飲み方についてご紹介したいと思います。

〈生漢煎 防風通聖散のおすすめの飲み方ってなに?〉

それでは生漢煎 防風通聖散でよい変化が期待できるようなおすすめの飲み方とはいったいどのようなものなのでしょうか?

生漢煎 防風通聖散の飲み方については公式通販サイトのよくある質問に掲載されています。

それによると、成人(15歳以上)であれば、1回1包、1日3回朝昼夕、食前または食間にそのまま水かお湯で飲む、とあります。

この食前というのがポイントで、西洋医薬品の場合には胃を傷めないように食後に飲む必要がある場合が多いのですが、この生漢煎-防風通聖散は漢方薬を構成する生薬からできているので、胃が空の状態の方がより変化が期待できます。

飲み方としては通常の漢方薬とほぼ同じなので難しくないと思います。

そしてどの程度の期間飲み続ければよい変化が期待できるのかについても掲載されています。

それによると、便秘には1週間程度、肥満症やむくみなどには1か月程度様子を見ながら飲むこと、とありました。

ここで上記の期間には個人差があるというのがポイントで、上記の期間飲み続けても変化が感じられないという場合には少し長めに飲んでみましょう。

さらに重要な点として、他の医薬品と併用しても大丈夫かということについても掲載されています。

それについては、医薬品と一緒に服用する場合には医師や薬剤師と相談の上、使用するように、特に他の下剤とは一緒に飲まないように、とありました。

いずれにせよ、何か医薬品を使用している場合には医師や薬剤師と相談する必要があるようです。

このように、生漢煎 防風通聖散には守るべきポイントがいくつかあります。

これらの飲み方を守ってできるだけ長く飲み続けることでよい変化が期待できるのです。
生漢煎 防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)の口コミ!冷え・むくみ・ダイエット効果は本当?

〈まとめ〉

いかがでしたか?

生漢煎 防風通聖散は18種類もの生薬を配合している漢方薬で、独特の飲み方があります。

そのため公式通販サイトに掲載されている飲み方を守って、できるだけ長い期間使い続けるのがポイントです。

もし他の医薬品を使用している場合にはかかりつけの医師や薬剤師と相談の上飲むようにしましょう。

むくみ、便秘、おなか周りや背中の脂肪にお悩みのあなた、ぜひこの記事を参考にして生漢煎 防風通聖散で変化を感じてくださいね!

公式サイト↓

us