生漢煎 防風通聖散の全成分と有効成分は、どれ?

多くの人から選ばれている生漢煎 防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)。

防風通聖散は非常に知名度の高い漢方薬となっているため、多くの方が1度は耳にしたことがあると思います。

また、販売しているメーカーは1つではなく、独自の製法や配分にこだわりながら、様々なメーカーから発売されています。

そんな中でも、満量処方を行っているのが、生漢煎 防風通聖散です。

満量処方とは、1日分の生薬の配合バランスをまるまる使っている漢方薬のことを指しており、半分の量しか使っていない場合には二分の一処方と呼ばれています。

つまり、1日分にしっかりとこだわって原生薬の量を減らすことなく満量で配合しているのが、生漢煎 防風通聖散の大きな特徴とも言えると思います。

では、配合されている成分と有効成分などに着目しながら、生漢煎 防風通聖散について検証していきましょう。

まず配合されている全成分についてです。

「生漢煎 防風通聖散 全成分」

1日量6.0g(2.0×3包)中 防風通聖散料エキス4.5gを含有

トウキ1.2g
マオウ1.2g
シャクヤク1.2g
ダイオウ1.5g
センキュウ1.2g
硫酸ナトリウム1.5g
サンシシ1.2g
ビャクジュツ2.0g
レンギョウ1.2g
キキョウ2.0g
ハッカ1.2g
オウゴン2.0g
ショウキョウ0.3g
カンゾウ2.0g
ケイガイ1.2g
セッコウ2.0g
ハマボウフウ1.2g
カッセキ3.0g

この成分表を見ていただくと分かるように、脂肪燃焼効果の高い18種類の生薬をしっかりと必要量を配合していることがわかります。

さらに余計な成分が配合されていないので、体に健康的なのも嬉しい特徴です。

もちろんサプリメントなどの健康食品ではなく、効果効能が認められている漢方薬になっているため、普段からお薬を飲んでいる方などは飲み合わせの心配が出てくるので、必ず担当医に相談してから取り入れるようにしてください。

配合されている18種類の生薬は、代謝を高めて便通を促し、清熱させて利尿させる効果があります。

年齢を重ねるにつれて、体の中に余分な栄養物を蓄積しやすくなっている方に最適な漢方薬となっているので、太りやすくなったと実感している方はぜひ試してみてください。

また、年齢を重ねていくとどうしてもお腹周りに脂肪がつきやすくなりますよね。
若い頃はあんなにウエストが細かったのに、今ではズボンやスカートの上にお腹が乗ってしまう。

もしもあなたがこのような悩みを慢性的に抱えているのなら、それは肥満症かもしれません。

肥満症は病気です。
そのまま放置してしまうと、生活習慣病などにつながってしまう厄介なものなので、なるべく早めに対処してあげることで健康維持にも高い効果を発揮することができます。
生漢煎 防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)の口コミ!冷え・むくみ・ダイエット効果は本当?

私たちは摂取カロリーと消費カロリーのバランスが乱れることにより太りやすくなってしまうため、普段の食生活から摂取カロリーと消費カロリーのバランスを考えることが大切ですが、燃焼しやすい体質に導くためにも、生漢煎 防風通聖散を毎日の生活に取り入れてみてください。

公式サイト↓

us