美味しく食べて痩せるこつとかある?

ダイエットに付き物の食事制限。

我慢すればする程、余計食べたい衝動にかられ、結局通常の食事量以上食べてしまい、痩せるどころか太ってしまったという経験はありませんか?

食べて痩せられるならどれだけいいものかと思った事があると思います。

しかし、少し工夫をしたり、成分効果などを知っていれば、食べながら痩せれる事が出来るのです。

今回はそんな嬉しい食べながら痩せるダイエット方法をご紹介したいと思います。

-食べながら痩せる方法-

ダイエット=食事制限というイメージですが、実は逆効果なのです。

一日の消費カロリー>摂取カロリーにすれば確かに痩せます。

みるみるうちに体重も減ると思います。

しかし、食事量が減ることで、内臓の動きは悪くなり、体は飢餓状態になります。

そして、基礎代謝が下り、痩せにくく太りやすい体になってしまいます。

基礎代謝が下がった事で、結果が出なくなってきたストレスでダイエットを諦めてしまい、リバウンドの可能性も高まります。

キレイに確実に痩せるのに一番大事な事は実は食べる事なのです。

食べると言っても、過剰に食べたり、好きなものだけ食べていては決して痩せません。

多少は食事にも気を使わなければいけないこともありますが、ちゃんと食べる事がキレイに無理なく痩せるキーポイントとなります。

まず、食事をする時に気を付ける事はよく噛むこと・野菜から食べる事です。

ゆっくりよく噛んで食べることで消化しやすくなり、満腹中枢を刺激し、自然と満腹感を得ることが出来ます。

こうすることで満足感を得ながら、ストレスを感じる事なく摂取カロリーを抑えることに繋がります。

そして野菜から食べることで血糖値の上昇をゆるやかにします。
yasai

血糖値が急激にあがると、インスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは糖をエネルギーに変えたり、そこで余った糖を脂肪に変えてしまう役割をします。

なので、野菜から食べることで脂肪の吸収を抑えることができます。

次に基礎代謝を上げることです。

基礎代謝とは何もせずじっとしているだけで消費されるカロリーの事です。

基礎代謝を上げるには有酸素運動がやはり一番いいのですが、時間が取れない方もいらっしゃるかと思います。

室内で出来るものとして筋力トレーニングやストレッチが上げられます。

少しの時間でも毎日コツコツ続ける事で筋肉がつき、エネルギーを燃やしやすい体になります。

あとは、食材の成分を上手く活用させることです。

食事をすると体が温かくなると思います。

それはエネルギーを消費しているからです。

さらに体を温める事で基礎代謝も上がります。

体を温める食べ物としてショウガや唐辛子が思い浮かぶと思います。

それを料理に少し付け足すだけでも効果的なので、意識して取るようにしてみましょう。

そして、ダイエット中に嫌煙されがちのお肉は実はダイエットの味方なのです。

特に牛肉にはL-カルニチンという成分が含まれており、脂肪燃焼を助けてくれます。

赤身の牛肉を手のひら程食べるのがいいと言われていますので、わざわざ避けずに食べましょう。

-最後に-

ストレスを感じてしまうダイエットは絶対に成功しません。

上手く工夫して楽しく食事をしながら、痩せましょう。

◆いつもと同じ量を食べても、代謝アップになって痩せやすくなる!と人気なのが「スルスルこうそ」です。

消化酵素を含むので消化を助けるからです。

酵素のおかげで基礎代謝もアップ!と口コミ評価も高いのです。

スルスル酵素の全成分とメリット

us