短鎖脂肪酸ができる酪酸菌ダイエットってどうするの?

近年、腸内環境を整える事がダイエットへの第1歩とも言われています。

これは腸内フローラダイエットとも言われています。

腸内には約300~400種類の約100兆個もの細菌が存在しているのです。

その中に身体を痩せやすくしてくれる痩せ菌と呼ばれるものと、太りやすい身体にしてしまうデブ菌と呼ばれるものも存在しています。

特に今大注目の酪酸菌という菌はダイエットをサポートしてくれる腸内細菌です。

酪酸菌は聞き慣れないですよね。

この酪酸菌は糖を発酵して酪酸を作り出す菌で、動物の消化器官には常に存在している常在菌です。

役割としては、腸内のバランスを保ったり、がん細胞の抑制をしたり、大腸炎の予防、クローン病の予防などがあります。

さらにビフィズス菌や乳酸菌の成長を助ける働きもあります。

酪酸菌は短鎖脂肪酸を生成し、分解されやすく消化が早い特徴のある脂肪酸です。

腸内に増える事で脂肪細胞に直接働きかけ、代謝がアップし、脂肪燃焼してくれます。

酪酸菌は胃酸にも強く、生きて腸に届きやすいのです。

ところでそんな酪酸菌ダイエットをうまく行うためにはどうすればいいか、知りたくありませんか?

では酪酸菌歯どうやったらダイエットに取り入れられるのか、ご紹介します。

酪酸菌は食べ物から摂取する事ができ、ぬか漬けやチーズに含まれています。

食物繊維を糧に酪酸菌は増えるので食物繊維も摂るようにしましょう。

ただ、毎日、ぬか漬けやチーズを食べるのは大変ですよね。

効率的に酪酸菌を取り入れる為にはサプリメントがお手軽です。

そこで私がおすすめするサプリメントがあります。

「LAKUBI」ラクビです。

「LAKUBI」ラクビには短鎖脂肪酸を作る酪酸菌が1700万個配合されています。

痩せ菌の糧となるオリゴ糖も配合されています。

さらにデブ菌をセーブするサラシアエキスも配合されています。

インドやスリランカなどの東南アジアに自生する根や幹の抽出エキスは東洋医学では利用されるだけでなくアーユルヴェーダなどのでも使用されることで有名です。

しかし日本に住んでいては、食事からでは根や幹の抽出エキスは摂取しにくい天然ハーブエキスですよね?

さらにラクビには植物性キトサンも配合されています。

この植物性キトサンは、余分な油を吸着し、排出してくれるスッキリ成分!。

これらの成分がゆっくりと腸内を移動し、余分な脂を吸着し、排出してくれます。

さらに、ラクビには森永乳業が40年かけて厳選した、ビフィズス菌B-3が8.5億個も配合されています。

GMP認定の国内工場で製造、管理しているので安心安全です。

1日1粒飲むだけで簡単ですし、飲みやすいカプセルタイプです。

ご自分の飲みたいタイミングで飲めるのも毎日欠かさず続けやすいと思います。

個人差もありますが、まずは3ヶ月は続けてみて下さい。

「LAKUBI」ラクビは様々なメディアにも取り上げられる多くの方が1実感されています。

是非1度お試し下さい。

ラクビ(LAKUBI)の口コミとダイエットになるのは本当?

rU