チートデイって何?綺麗に痩せたいけど必要なもの?

〜チートデイとは〜

ダイエット中に1日だけカロリーをたくさん摂取し、エネルギーを消費させづらくしている体を騙す日です。

そのためチートデイは今まで順調に落ちていた体重が突然減らなくなってしまう時期、【停滞期】に行います。

食事制限やダイエットを頑張っている人のモチベーションアップ、ストレス発散ができる方法でもあります。

今回はそんなチートデイの効果や方法を紹介していきたいと思います。

〜まずは停滞期について〜

ダイエットをした事がある人なら、誰でも経験した事がある停滞期。

運動も食事制限もすごく頑張っているのに体重が全く減らない。

これは人間の、一種の防衛本能が働いてしまうために起こる現象なのです。

生命を維持させるために体を省エネモードにしてしまうんですね。

ダイエットを頑張る人にとっては大変迷惑な話ですが、人間の体はそのような機能が備わっているのです。

これは老若男女、全てのダイエッターに訪れるものなのです。

この停滞期でダイエットを中止してしまう人がほとんどで、その結果失敗につながってしまいます。

しかし、停滞期というものは、体重が順調に落ちているからこそ起こる、一種の証でもあります。

過激なダイエットや短期間で行うダイエットで停滞期を感じやすいとも言われています。

〜チートデイの取り入れ方〜

チートデイは、ダイエット中に1日だけ摂取カロリーを増やし体を騙していく方法です。

では、どのぐらいのスパンで1日なのか?

大よそですが、停滞期を感じてから2〜3週間に1日程度が理想です。

体脂肪が10%前後の方は1週間に1日を目安に行ってください。

しかし、「好きなものをたくさん」や「大量のカロリー」を摂取しするだけでは逆効果になってしまいます。

好きなものを食べても良いとはいえ、甘いものだけや昼だけたくさん食べるなど、偏りすぎないように注意してバランスよくカロリーを摂取しましょう。

〜チートデイが逆効果に?〜

チートデイはモチベーションアップや停滞期克服には非常に効果があるとされていますが、やり方を間違えると失敗する事も。

摂取カロリーは+2000キロカロリー程度に抑える。

きちっと曜日を決めて行う(とても重要です)

体脂肪率が高めの方(女性が28%、男性が25%以上)は行わないほうが良い。

あくまでチート(騙す)デイなので、頻繁に行ってはいけない。

また、チートデイの翌日は炭水化物を減らすなどの食事制限をすることで更に効果がアップします。

〜美しく痩せるために〜

ダイエットを頑張る方にとって体重が減らなくなると言うのが一番辛い事。

だからと言って、過激なダイエットを行えば体調不良や肌トラブルを起こしてしまいます。

チートデイのように自分にご褒美をあげられる方法を取り入れて、無理なく綺麗に痩せることが重要だと言えます。

また、停滞期中はあまり頻繁に体重計に乗らないようにしたら乗り切れました。

という体験談を聞いたことがあります。

内面も外見も美しく健康になる事こそが真のダイエットの目的と言えるかもしれませんね。

u