ダイエット中に摂りたい糖質2つ

糖質オフ、つまり炭水化物抜きのダイエットが主流になっています。

ご飯やパンはもちろん、ジャガイモやカボチャなど、炭水化物全般を減らすダイエットをしている人が増えています。

摂り過ぎた糖質は脂肪として身体に蓄積されますが、炭水化物抜きの食生活を続けていると、余分なものを溜めこむおデブ体質になることもあるのです。

では、どうしたら良いのでしょう。

痩せ体質を作るために、大麦やライ麦パンを主食に選んでみてはいかがでしょうか。

そもそも糖質オフの食生活で、おデブ体質になるのでしょうか。

それには2つ理由があります。

1つは、腸内環境の悪化です。

炭水化物の中には、糖質だけでなく食物繊維も含まれています。

ですから、炭水化物抜きの食生活を送ることで、善玉菌のエサになったり、余分な糖や脂肪の吸収を抑える、腸を刺激してスムーズに排出を促進する食物繊維が不足してしまうのです。

他にも、オリゴ糖やミネラルも不足してしまいます。

便秘を招き、余分なものを溜めこむおデブ体質になる可能性があるのです。

もう1つは、食欲抑制ホルモンが不足してしまいます。

炭水化物を抜くと、食事をしても満足感が得られないのではないでしょうか。

主食を抜くことで、ストレスがかかります。

この状態では、交感神経が優位な状態となってしまい、副交感神経が司っている腸の働きが滞ってしまいます。

他にも、食物繊維には、食欲に関するホルモンを抑える働きがあり、主食で食物繊維を摂り、食事への満足感を高め食事を楽しむことはダイエットだけでなく、腸内環境美化の手助けもしてくれるのです。

では、腸内環境を良い状態に保ちながら糖質オフできる主食はないのでしょうか。
それは2つあります。

1つは大麦です。

大麦を炊くのが大変な場合は、オートミールでも良いでしょう。

もう1つは、ライ麦パンです。

ライ麦パンを食べる時は、バターではなく、腸の運動を刺激してくれる成分が含まれているオリーブオイルをつけて食べると更に良いですね。

腸内環境を整えることは、もちろん大切ですが、ストレスはリバウンドの原因にもなるので、腸内環境を良い状態で保ちながら、上手にダイエットを進めましょう。

◆なお、ダイエットに最適な糖質も含んでいて必要なビタミン、ミネラル、アミノ酸も含むのが、酵素ドリンクの優光泉(ゆうこうせん)です。

腸内環境をよくして代謝アップで痩せやすい健康な体に導きます。