腸内環境をよくしてダイエットする方法は?

腸内環境が良い人は、痩せ型が多いですよね。

体に良い作用のある菌を含む食べ物を食べると、腸内環境が整います。

乳酸菌やビフィズス菌を摂取すると、腸内の善玉菌を増やしてくれます。

ダイエット効果は勿論、美容と健康にも効果的です。

腸は栄養の消化吸収を行い、毒素を排出する臓器で約100~500種類、100兆個にも及ぶ腸内細菌が存在しています。

悪玉菌が増えると、細菌、毒素の発生や腸内が腐敗し、発がん物質が産生され、ガスも溜まりやすくなります。

様々な病気や肌荒れの原因にもなり、老化を早めてしまいます。

逆に善玉菌は悪玉菌が増えるのを抑えたり、免疫を高め、病気にならない健康な体を作ってくれます。

ビタミンの合成や紹介吸収を助け、便秘解消にも役立ちます。

もう一つの日和見菌は体の弱っている時に悪玉菌と同じ様な働きをし、健康な時は活動は抑えられます。

ダイエットは脂肪を減らしたり、カロリーを抑える事ばかりに注目しがちですが、体質改善を先に行う事が大事です。

痩せ体質になるには、まずは腸内環境を整え、善玉菌を増やす事が大前提となります。

一度、痩せ体質になる事ができれば、楽にダイエットができ、リバウンドもしにくくなります。

腸内環境は毎日の食事によって影響されます。

では、どのような食事が良いのか紹介します。

1.穀類
玄米や麦などの白米以外の穀類は食物繊維やビタミンを豊富に含んでいます。

食物繊維は胃腸の汚れを体外へ排出しやすくし、水分を吸収して膨張する性質を持っているので、腹持ちが良くなり、ダイエット効果が得られます。

2.野菜
緑黄色野菜や根菜類にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

ごぼうは整腸作用が高く、オリゴ等が含まれているので、腸の中のビフィズス菌を増やす事ができます。

3.魚介類
動物性タンパク質で低カロリーで栄養価が最も高く、魚の脂は血液をさらさらにし、中性脂肪を減らす事ができ、ダイエット効果があります。

4.海藻類
βカロテンが多く含まれており、粘膜や皮膚を正常に保ち、抗酸化作用を持っており、便を柔らかくする作用もあるので便秘解消になります。

5.フルーツ
ビタミンCが含まれているので腸内の乳酸菌のエサになります。

6.発酵食品
納豆、味噌、キムチ、ヨーグルト、チーズなどの食品は乳酸菌やビフィズス菌を含んでいますから善玉菌を増やす事で腸内環境が改善されます。

これらの食材を積極的に摂りいれましょう。

毎日難しい方はサプリメントをおすすめします。

「よくばりキレイの生酵素」がおすすめで、563種類の生の酵素が配合されています。

4種の乳酸菌と約24万個のビフィズス菌が入っていますし、5種類のスーパーフルーツなと配合されています。
よくばりキレイの生酵素の口コミ効果!他の酵素とココが違った!

1日2粒を目安に手軽に摂れるので腸内環境を整え、ダイエットできますのでまずは、お試ししてみてください。

↓お得なキャンペーンをチェック
368

us