痩せ体質になる?ゴボウがダイエットに良い理由は短鎖脂肪酸?

ゴボウは便秘解消に良いと言われていますよね。

私も大好きで、よく食べます。

ゴボウ、実はヤセ菌の大好物である水溶性食物繊維も豊富な野菜なので、腸内環境を整えるのに適しており、ヤセ体質になりたい方にオススメの食材です。

では、その理由を詳しくお話しますね。

ゴボウに含まれる食物繊維の働きを2つに分けて紹介します。

1つ目は、善玉菌が増えることです。

食物繊維と一言にまとめて表現することが多いですが、食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。

不溶性食物繊維は、筋っぽく見てもわかるような繊維という状態の食物繊維のことを言います。

不溶性食物繊維は、腸内で水分を吸収し数十倍にも膨らみ、腸壁を刺激してスムーズな排出をうながす働きがあると言われています。

ゴボウには、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方が含まれているんです。

ゴボウに含まれる不溶性食物繊維は、腸壁を刺激するだけでなく、もともと腸内にいる善玉菌を増やす働きもあるので腸内環境美化に大切で欠かせない野菜と言えます。

普段から便秘がちの方に必要な食物繊維としてゴボウはオススメです。

2つ目は、ヤセ体質をサポートしてくれることです。

水溶性食物繊維とは、果物に含まれるペクチンや海藻、納豆のネバネバ成分、またトロトロ、サラサラした食物繊維のことを言います。

腸内で善玉菌のエサとなり腸内環境美化に役立ちますし、ビフィズス菌やヤセ菌によって発酵、そして分解される際に「短鎖脂肪酸」が生産されます。

短鎖脂肪酸とは、脂肪の蓄積を防いで、食欲をコントロールしたり、交感神経を刺激して脂肪の燃焼をうながしたり、総合的に肥満を予防してくれると考えられています。

水溶性食物繊維は、ヤセ体質になるためには積極的に摂りたい食物繊維と言えますね。

水溶性食物繊維は、例えばアボカドや納豆に多く含まれていることで有名ですが、実はゴボウには、このアボカドや納豆を上回る量の水溶液食物繊維が含まれています。

ヤセ体質になりたい方に必須な野菜と言えますね。

では、ここでゴボウの簡単レシピを1つ紹介します。

「漬けるだけでOKの簡単ゴボウピクルス」です。

まず材料は、ゴボウ1本、酢100CC、水100CC、白ワイン50CC、塩1つまみ、オリゴ糖おおさじ1~お好みで、以上です。

作り方です。

1、酢と塩、オリゴ糖を混ぜて、ひと煮立ちさせ、ゴボウはよく洗い5センチ程度に切り酢を少し加えた水に入れて、そのまま火にかけ沸騰したら「1」の酢に漬け込みます。

このとき、煮沸消毒したビンを使ってください。

2、そのまま冷蔵庫で保存し、2~3日して味が馴染んだ頃が食べ頃です。

ゴボウを毎日食べようと思うと、手間かもしれませんが、このようにピクルスを作っておくと毎日手軽に食べられますよね。

作り置きしてぜひ毎日食べてみてください。

でもそんなにごぼうが好きじゃない、そんなに毎日は食べられない、という方も多いですよね?

そんなあなたには、痩せ菌を育てるのに必要な水溶性食物繊維なども豊富に含まれているプレミアムスリムビオをご紹介しますね。

プレミアムスリムビオは、話題の乳酸菌EC-12を始めとするスマート乳酸菌、茶カテキン、ビフィズス菌B-3、ラクトフェリン、レジスタントスターチなどの豊富な菌が配合されています。

さらに、痩せ菌を育てるのに必要な水溶性食物繊維なども豊富に含まれているため、毎日のスッキリをサポートしてくれるんです。

実際にプレミアムスリムビオを取り入れている方の口コミを見てみますと、多くの方が腸内環境改善効果やダイエットサポート効果を実感できているようです。

食物繊維は毎日とり続けないと効果は薄いですので、毎日続けやすいサプリメントで補ってみてはいかがですか?

プレミアムスリムビオの口コミ評価!他の乳酸菌サプリと何が違うの?

rU